【ゼベル野外博物館・行き方・料金・営業時間】トルコ・カッパドキア・ギョレメ・ゼベル野外博物館への行き方

シェア

2019年4月現在はボツワナです。

(今まで行った国→タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ)

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

記事読むの面倒だから要点だけすぐに知りたい!って方や質問などがあれば、どうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

ゼルべ野外博物館(Zelve Open Air Museum)への行き方

ゼルべ野外博物館への行き方は主に2つあります。

・直通のミニバス

・ローカルバスでチャウシン(Cavusin)まで行ってそこから徒歩

この2つで行くことができます。

私は後者で行きました。

直通のミニバス

乗り場はアバノス(Avanos)行きのバス停のある交差点のところ。

ギョレメのバスターミナルから北へ300mほどのところにアバノス行きのバス停があります。

ミニバスは1時間毎に1本出ています。
ウルギュプ発、アバノス発の時刻表は以下です。

ミニバスのフロントにウルギュプ(URGUP)〜アバノス(AVANOS)までの行き先が書いてあります。 

ウルギュプ

ギョレメ

チャウシン

ゼルべ野外博物館

アバノス

この順番で停車します。

ゼルべ野外博物館へ行くにはウルギュプ方向から来たバンに乗る必要があります。

アバノス方向から来たミニバスに乗るとウルギュプへ向かい、ウルギュプで終点となってしまいます。

ウルギュプからまた同じミニバスに乗れば行けますが、時間もお金もロスしてしまいます。

ミニバスの乗る際に運転手に聞くと良いでしょう。

ローカルバス+徒歩

私はこの方法で行きました。

アバノス行きのローカルバスに乗ってチャウシンまで行き、そこから歩いてゼルべ野外博物館まで行きます。

なぜこちらの方法で行ったかというと、歩きながらゆっくり景色を観たかったですし、途中でドローンを飛ばしたりしたかったからです。

アバノス行きのバス停はここ。

ゼルべ野外博物館へ行くミニバスの乗り場とほぼ同じ場所です。

途中のチャウシンで降りて、ゼベル野外博物館まで歩いていきます。

バスはおそらく30分に1本くらいの間隔で出ています。

料金は3リラ(約66円)。

チャウシン〜ゼルべ野外博物館

バスはここで降りました。

歩いて行くのにかなり寄り道しました。

この寄り道がすごく良かった。

Çavuşin Kilisesiという教会に向かって左手の脇から、小高い山に登ることができます。

この小高い山の上に登るとものすごく景色が良い!

ドローンも飛ばすことができて本当に最高の景色を堪能できました。

Maps.meで山中の道から行くルートがあったのでその道から行こうとしたが、とても行ける道ではなかったので結局大通りまで引き返してゼベル野外博物館まで向かいました。

妖精の煙突(Fairy Chimneys)

チャウシンからゼルべ野外博物館まで向かう途中にあります。

妖精の煙突と呼ばれるキノコ型の大きな奇岩が建ち並んでいます。

中には妖精が住んでいるとの言い伝えがあるそう。

入場無料で観ることができます。

ここはまさにカッパドキアに来た!と思える風景に感動しました。

ゼルべ野外博物館


【営業時間】
夏期間 8:00〜18:15(閉館19:00)
冬期間 8:00〜16:15(閉館17:00)

【入場料金】
15リラ(約330円)

※トルコミュージアムチケット 315リラ(約6,930円)

※カッパドキアミュージアムチケット 110リラ(約2,420円)

ゼルべ野外博物館は、ゼルベの谷にある博物館。

9世紀から13世紀頃に、ペルシア人やアラブ人から逃れたキリスト教徒たちが岩山を掘り抜いて住居、教会、修道院などを造った。

1950年代まで人が住んでいたそう。

早く観て周っても1時間はかかるほど広大で、かなり見応えがあってかなり楽しかったです。

ゼルべ野外博物館〜ギョレメ

15:20頃に鑑賞終了。

ギョレメ行きのミニバスが、毎時ちょうどの1時間ごとに来るということなので16:00まで待つことに。

しかしこの日はむちゃくちゃ寒かった。

そんな寒い中外で待っていたら、博物館横にある飲食店のおばちゃんが「中に入りなさい」と中に入れてくれた。

そして焼き芋とお茶までごちそうしてくれた。

感動。

トルコの人は本当に優しいなぁ。

結局バスは16:20に来た。

手を上げて止めないと、通り過ぎて行ってしまいますので注意しましょう。

まとめ

ゼルべ野外博物館へは直通のミニバスで行くことができます。

ローカルバスに乗ってチャウシン(Cavusin)で降りて歩いて行くと時間はかかりますが、壮大な景色を楽しむことができます。

ゼルべ野外博物館は時期によって閉館時間が違うので注意しましょう。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!