【インド】バラナシからアグラへ鉄道での行き方

シェア


アグラはかの有名なあのタージ・マハルがあるところ。
インドで最も楽しみにしていたもののひとつ。

インドヘ旅行に行かれる方は、ほとんどと言っていいほど訪れるのではないでしょうか。

そんなアグラヘバラナシから鉄道で移動します。

外国人観光客専用の待合室と予約窓口

バラナシ駅には外国人観光客専用の待合室と予約窓口があります。

電光掲示板のある、人がたくさんいる場所のエスカレーターとは逆の方向のところ。
掲示板に向かって左手にあります。


ここがなかなか快適。
駅のWi-Fiは使えるしコンセントはあるし涼しいし、ソファも置かれている。

トイレはもちろん、シャワーも付いています。

ここで乗車までの時間を過ごしました。

バラナシ〜アグラ

バラナシ出発

駅の売店にはやけにスマートなドラ○もんのおもちゃが。

18:30 出発。15分遅れ。

私の周辺の席は全て外国人旅行者。
外国人枠での予約席なのだろう。
そこでタイの女性のオンヴィと友達になって、アグラを一緒に観光することに。

かわいい赤ちゃんも同乗です。

アグラ到着

8:25 到着。
6:30に着く予定だったが2時間遅れ。

Olaでリキシャ呼んでホステルまで行った。
Olaの使い方についてはこちらの記事で書いていますので参考にしてみて下さい。↓↓


12:00チェックインだったので、オンヴィと朝食とって時間を過ごした。

その後チェックインを済ませる。
オンヴィとは別のホステルだったので14:00にランチ待ち合わせ。

昼食を済ませてアグラ・フォートへ行って、タージ・マハルビューポイントへの観光へ行く。

アグラ・フォート

場所

入場料

600ルピー(約960円)
クレジットカード決済可

城内の様子

タージ・マハル ビューポイント

場所

リキシャとのトラブル

アグラ・フォートからリキシャを安く交渉して乗ったが、これが最悪のリキシャ。

ガスではなく電気のリキシャで超遅い。
そしてなぜか超混んでいる道を行って全然動かなくなった。

Googleマップで確認すると明らかに別の道があるので、「こっちの道から行けないの?」って聞いても、英語があまり伝わらず「戻る?」とか聞いてきて話が進まない。

サンセットを見る為に急いでいると伝えても全然ダメ。

結局別の道へ行ってくれたが、なぜ最初からそっちの道へ行ってくれないのか理解不能。

到着した頃にはもう太陽がほぼ落ちており、すぐに真っ暗になってしまった。

かろうじてタージ・マハルの姿は観ることができたが、本当にリキシャはこれだから嫌だ。

ビューポイントの様子

タージ・マハルが綺麗に観ることができます。

リキシャでしか帰れないので、帰りもリキシャを使って帰りました。

泊まったホステル

Bedweiser Backpackers Hostel

【部屋】
4ベッドドミトリー
はめ込み型冷房が付いているので涼しいです。

【ベッド】
清潔で問題なし。

【Wi-Fi】
強いです。

【コンセント】
ベッドのすぐそばにあります。

【水回り】
トイレもシャワーも可もなく不可もなく。

【周辺環境】
すぐそばに小さな売店があります。
タージ・マハルから割と近いので、観光客向けのレストランもたくさんあります。

まとめ

バラナシ駅には外国人観光客専用の待合室と予約窓口があります。

Wi-Fi、トイレ、シャワーを使えて涼しいしソファも置かれていて快適です。

アグラ・フォートもタージ・マハルビューポイントもリキシャじゃないとなかなか行けないのですが、リキシャにはくれぐれも注意しましょう。

かなり適当なリキシャも多いですので。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!