【ジョージア】トビリシから日本へポストカードの送り方

シェア

2019年3月現在はマダガスカルです。

(今まで行った国→タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル)

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

記事読むの面倒だから要点だけすぐに知りたい!って方や質問などがあれば、どうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

【2018年12月】
12月は妹と祖母の誕生日があり、さらにクリスマスも近いのともうすぐ新年なのとで、母も含め3人の我が家の女性陣にジョージア・トビリシポストカード(ハガキ)を送ることにしました。

※1グルジアラリ=45円で計算

トビリシ駅の郵便局

トビリシ駅の郵便局から送りました。

場所

GEORGIAN POST

営業時間

月〜金 9:00〜17:00
土曜  11:00〜14:00
※日祝休み

送り方

郵便局に入ってすぐに小さな機械が立っています。

この機械から整理番号を発券します。

画面には3つの選択肢があったのですが、グルジア語で書いてあり全くわかりませんでした(笑)

とりあえず1番上のボタンを押して発券。
結果的にこれで問題はありませんでした。

窓口

窓口のカウンターに番号が表示されていますので、自分の番になるまで待ちます。

結構たくさん人がいます。

発券してから30分待ちました。

自分の番がきたら窓口に行き「ポストカードを日本に送りたい」と伝えればすぐに対応してくれます。

ポストカード1枚につき2ラリ(約90円)で、私は3枚送ったので6ラリでした。

支払いをして完了です。

※12月20日にトビリシから送って、日本に到着したのが1月17日でした。
結局28日間かかりました。
ポストカードに「AIR MAIL」と書かなかったので、船便になってしまったようですね(笑)

まとめ

どうやらジョージアには投函ポストが無いようで、私みたいにポストカードでも郵便局に来て出すようです。

あと郵便局で受け取りをしている人もたくさん見かけました。

それもあって郵便局は混んでいますので、時間に余裕を持って行ったほうがいいと思います。

ポストカードには「AIR MAIL」と書きましょう。
とんでもなく時間がかかってしまいます(笑)

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!