【ウズベキスタン】タシケント空港から市街へバスでの行き方

シェア


タシケント空港から市街へバスでの行き方です。

空港から出るなり怒涛のタクシー勧誘がやってきますが、そこは負けずにくぐり抜けましょう!

入国審査

19:10 デリーのインディラガンディー国際空港からタシケント空港に降り立つ。

入国はパスポートをサラッとチェックしてあっという間に終了。

え、これでいいの?くらいの感じ(笑)

荷物をピックして、さあホステルへ行こう!と意気込む。

タシケント空港のWi-Fi

空港のWi-Fi使えば何とかなるだろうと踏んでいたので、まず空港Wi-Fiに接続を試みる。

空港のWi-Fiに接続するには電話番号が必要

私は日本の番号を解約せずに持っていたのでここはクリア。
もし持っていない方は残念ながらは接続できませんので、事前にマップをダウンロードしておいたり準備をしておくと良いでしょう。

空港〜タシケント市街

接続してマップで調べるが、公共交通機関を使ったルートが表示されない。

ホステルまで歩いて行くと1時間。
私の感覚では行けなくもないんだけれど、ここは空港なのに市街にでるのに公共交通機関がないことはないでしょ!ってことでとりあえず外に出てバスを探すことに。

空港待ちタクシーは無視

空港を出た瞬間からタクシードライバーが群がってきます。

私は決してこういう類のタクシーは使いません。
なぜなら値段が高いから。
交渉したとしてもバスや電車なんかよりかは確実に高い。
最悪、歩いて行くことも出来るのでこういう場合は決してタクシーは使いません。

試しにタクシーの運ちゃんにホステルまでいくらか聞くと、10ドルって言うのでやっぱりねーってことでお断り。

そしてドライバーは例のごとく「タクシーしか行く手段はない。どうやってホテルに行くんだ。」と言います

その後も何人もの運ちゃんに声をかけられたが、最安値で5ドル。

ウズベキスタンの物価から考えたら5ドルでも十分に高い。

後日、街中でタクシーを使用しましたが、空港ら市街までの7.5kmほどの距離なら2ドルあれば乗れます。
白タクで交渉すればもっと安く乗ること可能だと思います。

申し訳ないがタクシーは全てお断りさせていただく。

群がりをくぐり抜けて、ホステルに向かいながらバスを探すかーって思った時に気が付いた。

そういえば、ウズベキスタンの通貨持ってないからバス乗れなくね?って。

ATM

残念なことに、空港の到着ロビーには両替所もATMもありません。

インドのチェンナイ空港と同じパターンです(笑)
ちなみにSIMカードなんかも買えません。

ただここで慌てることはありません。
到着ロビーがあるということは、出発ロビーがあるということ。
そこへ行けば両替できるだろう!ってことで出発ロビーへ向かいます。

出発ロビーへ向かう途中にバス停もあったので、きっとあそこから行けるだろうと目をつけて、まずは両替しにいくことに。

出発ロビーの外でセキュリティチェックを受けます。
「どこに行きますか?」って聞かれますが、「いや、今到着したんですが両替したいので入りたいんです」って言えば問題なく入れてくれます。

さらに出発ロビーに入るとすぐにセキュリティチェックがありますが同じように伝えます。
ここも問題なく入れます。

出発ロビーに入って右手に進んで行くと両替所発見!

ちなみにATMはありませんでした。

※2019年2月現在、Googleマップでタシケント空港を見てみるとATMのポイントが載っていました。
もしかしたらATMがあるかもしれないです。

両替所のレートはこちら。

悪くなさそう。
というのもここではWi-Fiが繋がらなかったので良いのか悪いのかがわからなかった。
結果的に良かったので問題なしでした。

情報では街中のATMはほとんど機能していないとあったりもしますが、タシケントであれば問題なくおろせます。銀行もそこそこあって、外にATMが並んでいて簡単におろせました。

 

タシケント空港からバス

外のセキュリティのお兄さんに、

坂江基生
(マップを見せながら)ココに行きたいんですが、バスか何かで行けますか?
と聞くと

お兄さん
ちょっと待って
と言って他の仲間にも聞いてくれてます。

お兄さん
オーケーわかった。行けるよ。あそこから11番のバスに乗れば行ける。バスに乗ってシティへ行きたいと伝えれば大丈夫だよ。
と優しく教えてくれました。

めちゃくちゃ優しいお兄さん!
インドの後だけに、身に染みる優しさ。
「ありがとう!」と言って後にしました。

やはり事前に目をつけていたバス停から出るようだ。

バス停で待つこと2分、もう来た!何といいタイミング!ツイてる!

11番のバス

バスに乗り込みドライバーに「ココへ行きたいんだけど」ってマップを見せると「オーケー」との返事。

やったー、これでホステルに行ける!

MAPS.MEでホステルの位置を確認しながら乗ります。

お金を集める係の方や途中で乗ってきたお客さんにも地図を見せて、ここを通りますか?と再確認。

ちなみにウズベキスタンの人にはほとんど英語は通じません。

なのでジェスチャーと地図で何とか説明。

そうこうしているうちにホステル付近になって、料金収集係の人が「ここだ!」と言っていきなり停車。

慌ててお金を払おうとするが、値段がわからない。

料金収集係の人も値段を言っているんだろうけど、何を言っているかわからない。

とっさに持っている1番小さな額の1000スムを出して渡す。

「OK?」

と聞くと、いいからもう降りなさい、と笑顔混じりのジェスチャーで答えてくれた。

ホステルで聞いてわかったことだが、バスは一律1,200スム。
200スム足りてなかったのです。
でも笑顔で対応してくれたバスの方々はなんと優しい。

そんな優しさにも触れながら無事に、タシケント市街のホステルにたどり着けました。

泊まったホステル

Capsule Hostel


【ベッド】
清潔。
カーテン付。
コンセントあり。

【水回り】
清潔。
ソープ類は付いていません。

【Wi-Fi】
かなり弱いです。
ベッドではほぼ使えないです。

朝食付き

まとめ

・空港のWi-Fiを使用するにはショートメールでパスワードを取得する必要がある為、電話番号が必要。

・空港待ちのタクシーは高い。(最安で5ドル)

・両替えは出発ロビーでできる。

・11番のバスで市街まで行ける。

・バスは1,200スム(約18円)。

以上です。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!