【インド】アグラ観光。タージ・マハルで日の出を観る。

シェア

インドで最も楽しみにしていたモノのひとつ、タージ・マハル!

インドへ旅行する人なら恐らく誰もが訪れる場所ではないでしょうか。

それほど有名な場所ですよね。

そのタージ・マハルで日の出を観るべく、早起きして行ってまいりました。

(※1ルピー=1.6円で計算)

ホステル〜タージ・マハル

5:10 ホステル出発。
泊まっていたホステルは、
Bedweiser Backpackers Hostel

ホステルの目の前にはいつもリキシャが止まっています。

タージ・マハルまでは歩いて15分ほどで行けますが、バラナシ〜アグラまでの列車で友達になったオンヴィとふたりだったのでリキシャを使うことに。

リキシャ
タージ・マハルの目の前まで80ルピー(約128円)で行くよ

坂江基生
じゃあお願い

ってことでリキシャで向かいました。

早朝からリキシャとトラブル

目の前まで行くとか言って、タージ・マハルまでの道のりは途中でリキシャでは入れないようになっていて、300mほど走っただけでずいぶん手前で降ろされるてしまった。

それでも80ルピーを要求してきたので、
「そんなもん払えるか!」
と吐き捨て10ルピーだけ払って、結局歩いてタージ・マハルまで向かいました。

朝から本当に気分悪くされられた。

タージ・マハル

チケット売り場

5:25 チケット売り場はもう開いていました。

※画像は昼間のチケット売り場の様子です。
“BOOKING COUNTER”の看板があるのでわかりやすいです。

料金

1050ルピー(約1,680円)
クレジットカード支払い可。

入場

5:50 オープン。
チケットチェックとボディチェック、手荷物チェックをした後に入場できます。

タージ・マハルの様子

この日も観光客がたくさんいました。

どこの場所にも人がいるので、人を写さずに撮影するのは難しいですね。

タージ・マハルと朝日のコラボはとても美しかったです。
早起きして行った甲斐がありました。

タージ・マハル近くのオススメのカフェ

Hotel SANIYA PALACE Roof Top Restaurant
ここのルーフトップのカフェからはタージ・マハルを一望することができます。

朝食を食べましたが、さほど美味しくも観光客価格ですので安くもありません。

しかし眺めは良いです。

まとめ

リキシャはやっぱり信用なりませんね。
アグラで乗ったリキシャはことごとくハズレでした。
みなさんもくれぐれもご注意ください。

タージ・マハルは2018年時点で1050ルピー(約1,680円)でした。
クレジットカード決済可です。

タージ・マハルでのキレイな日の出を観たあとは、タージ・マハルを一望できるカフェでの朝食なんかもいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!