【タイ】2018年6月|タイ赤十字病院(スネークファーム)での予防接種の受け方

シェア

世界一周で、特にアフリカなどに行く場合は必ず受けなければいけない予防接種。
しかし、日本で予防接種を受けるとなると非常に高額。。。

そんな日本で受けると高額な予防接種も、タイで受ければ1/3から1/4程度の金額で受けることができます。
実際に私は21日間で5種類の予防接種を受け、合計金額5,580THB(19,530円)で受けることができました。※1THB=3.5円で計算

日本からも多くの人がタイに予防接種を受けに来ているので、病院側も慣れているんですね。
英語もタイ語もわからない、タイに初めて行った私にも簡単に受けることができました。

タイ赤十字病院

通称“スネークファーム”と呼ばれているタイ赤十字病院。
なぜスネークファームと呼ばれているかというと、病院のすぐ裏にスネークファームという蛇の研究機関があるからです。
ちなみにこの研究機関は蛇の動物園のようにもなっており、大人は1人200THBで入園することができます。

蛇が大っ嫌いな方はちょっと覚悟が必要かも(笑)
病院内で血圧を測る時に、目の前に蛇のホルマリン漬けがありますから(笑)
病院自体はとっても清潔感があってキレイです。

アクセス・営業時間

最寄りの駅は、地下鉄MRTのSam Yan(サムヤン)駅スカイトレインBTSのSala Daeng(サラデン)駅になります。
宿泊するホステルやゲストハウスの位置で決めていただければ良いと思います。

大通り沿いを歩いて行くと大きな看板が見えてきます。

ここが敷地の正門になっています。

営業時間は、
月曜日〜金曜日 午前8時30分〜午後4時30分
土曜日・祝日 午前8時30分〜正午12時
日曜日 休み

正門を入ると中央に噴水があり、その奥に病院の建物があります。

オープンになっているので、そのまま入っていきましょう。

受付

入り口を入って左手進んで行くとすぐに1番の扉があります。

ここで受付をしますが、その前に1番の部屋の対面に必要事項の記入用紙があります。
この用紙に記入してから受付しましょう。

用紙記入

画像を参考にして記入例を参考にしてみてください。
用紙は2枚あります。

2枚目の下の欄の、行く国と滞在日数はかなりアバウトに書きましたが、特に問題はありませんでした。
用紙を記入し終わったら1番の扉の前に番号札がありますので、それを取って入室します。

診察受付〜血圧測定

入ってすぐ目の前に受付があります。

受付で必要なものは
・記入用紙2枚
・パスポート
・初診察料の20バーツ
です。

渡すと「椅子に座って待ってて」と言われるので名前を呼ばれるまで待ちます。
名前を呼ばれ「隣の部屋に行って」との指示に従い、隣の部屋で血圧を測ります。

隣の部屋

目の前に蛇のホルマリン漬けがあるので注意(笑)

血圧測定が終わったら「目の前の4番の部屋に行って」と言われます。

医師との面談

4番の部屋に入るとすぐ目の前に看護師さんがいますので用紙を渡します。
「椅子に座って待ってて」と言われますのでしばらく待ちます。

4番の部屋の中にある、2番の小部屋にいる医師から名前を呼ばれたら部屋に入室。

ここでどの予防接種を受けるか面談をします。
日本人がたくさん来ているということもあり、日本語訳の用紙を見せて説明してくれたりします。
ただ、医師は英語かタイ語しか喋りませんので英語がわからない方は事前に予防接種について予習しておいた方が良いと思います。
実際に僕は英語がわからないので予習しておきました(笑)

どの予防接種を受けるか

ちなみに私は以下の予防接種を受けました。

名前接種回数スケジュール有効期間1回の値段
狂犬病 (RABIES)3回0、7、21〜28日後一生涯350THB(1,225円)
黄熱病 (Yellow Fever)1回0一生涯1,200THB(4,200円)
日本脳炎 (Japanese encephalitis)1回05年460THB(1,610円)
A型肝炎 (Hspstitis A)2回0、6〜12ヶ月後一生涯1,500THB(5,250円)
破傷風、ジフテリア、百日咳(Tdap)1回010年800THB(2,800円)
腸チフス(Typhoid)1回03年400THB(1,400円)

これを医師に伝えます。
これに対して医師は、予防接種の必要回数などの説明があります。
面談が終わると医師から受ける予防接種の名前のハンコを押した用紙を渡してくれます。

ワクチン購入

押印された用紙を再度看護師さんのところへ持って行くと「5番のPharmacy(薬局)でワクチンを買ってきて」と言われますので、4番の部屋を出て右手に進み、5番の薬局へ買いに行きます。
5番は病院の入り口のすぐ側です。

いよいよ注射

購入したワクチンを持って4番の部屋に戻ります。
看護師に買ってきたよーって見せると「4番の小部屋に行って」と言われます。
ワクチンをもって4番の小部屋に入り、そこでワクチンを打ってもらいます。

看護師さんは「チョットイタイデスヨー」と日本語で言ってきます(笑)
両肩に打ちましたが全然痛くありませんでした。
注射は苦手だったのでちょっと安心。

注射が全て終わったら看護師さんの元へ。

5〜10分待つ

注射終わったよーと看護師さんの元へ戻るとパスポートと予防接種証明書(イエローカード)をくれます。
すると看護師さんに「椅子に5〜10分椅子に座ってて」と言われます。
注射によって気持ち悪くなったりする可能性があるのでしばらく待機します。
何事もなければ、これで全て終了です。

料金

※1THB=3.5円で計算しています。

1回目(初日)

1. 医療および看護サービス 50THB(175円)
2. 狂犬病(SPEEDA) 350THB(1,225円)
3. 黄熱病(STAMARIL) 1,200THB(4,200円)
4. 日本脳炎(IMOJEV) 460THB(1,610円)
5. A型肝炎(AVAXIM) 1,500THB(5,250円)

合計 3,560THB(12,460円)

2回目(7日後)

1. 医療および看護サービス 50THB(175円)
2. 狂犬病(SPEEDA) 350THB(1,225円)
3. 破傷風、ジフテリア、百日咳(Tdap) 800THB(2,800円)
4. 腸チフス(Typhoid) 400THB(1,400円)

合計 1,600THB(5,600円)

3回目(初日から22日後)

1. 医療および看護サービス 50THB(175円)
2. 狂犬病(SPEEDA) 350THB(1,225円)

合計 400THB(1,400円)

総合計

全て終了するまでに21日間。

金額の総合計は、全ての予防接種・診察料の合計5,560THBと、初診料20THBを足して、5,580THB(19,530円)でした。

まとめ

アクセスは地下鉄MRTのSam Yan(サムヤン)駅かスカイトレインBTSのSala Daeng(サラデン)から。
用紙記入→受付→血圧測定→医師面談→ワクチン購入→注射→終了となります。

21日間で全終了。
総合計金額は5,580THB(19,530円)。

病院側は日本人慣れしていますので、安心して行ってください。
予防接種を完了させて世界一周を存分に楽しみましょう!

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!