【エチオピア】盗難でパスポートを紛失したら超絶面倒くさかった。盗難からパスポート再発行まで

シェア

2019年3月現在はマダガスカルです。

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント@smilect0111

記事読むの面倒だから要点だけ教えてよ!って方はどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!


【2019年2月14日】
エチオピアで、財布やクレジットカード、イエローカードやパスポートを入れていたウエストバッグが盗まれてしまいました。

何より大変だったのがパスポートの再発行。

紛失した場所がエチオピアだったためそりゃあもう大変でした。

盗難にあったのがメケレという街で、日本大使館のある首都のアディスアベバから約930kmも離れた場所だったのでさらに大変。

エチオピアで紛失したパスポートを再発行するまでと、出国ビザの取得をご紹介します。

※厳密に言うと、パスポート番号も有効期限も新しくなるので再発行ではなく新規発行となります。

盗難された状況

私と友人Kくんは、ダナキル砂漠ツアーから帰ってきたその日にメケレのABEBU PENSIONというホテルのツインルーム(シャワー・トイレは共同)に泊まりました。

ダブルサイズのベッドが2つ並べらられただけの小さな部屋。

私は出入り口の扉のすぐ横のベッドでした。

ウエストバッグを枕の横に置いてシャワールーム。
いつもはシャワールームまで持っていきますが、部屋にKくんがいたので置いて行きました。

シャワーを浴びてのんびりして、23:50頃に就寝。
その時にウエストバッグは確実に枕の横にありました。

8:00頃に起きると、なぜか部屋のドアが開いていて、「あれ、何で開いてるの?」って。

そういえば昨日鍵をかけ忘れていた。

そしてウエストバッグを付けようと思って枕の横を見ると、無い。

下に落ちたのだろうと思って探すが、無い。

Kくんと一緒にベッドの下やマットレスの下、ありとあらゆるところを探しても、無い。

ここで完全に悟りました。

部屋に誰かが侵入して盗んだんだ、と。

だからドアが開いていたんだ、と。

一瞬頭が真っ白になって、その後には絶望感が襲ってきました。

ウエストバッグの中には、
・財布
・現金
・クレジットカード
・デビットカード
・パスポート
・イエローカード(予防接種証明書)
・運転免許証
・国際免許証

が入っていました。

ホテルのオーナーに警察を呼んでくれと言っても、断固として連絡してくれません。

「お前は無くしたんだ。ウチは泥棒には入られていない。」だそうです。

無くしたのは120%ありえません。
ウエストバッグは確実に枕の横にあったからです。
寝る時に確認しましたので。

当然、この国で鍵をかけなかった自分が悪いんですが、この対応になんだかやるせない気持ちになりました。

このホテル、要注意です。

まずやらなければいけないこと

これはみなさんご承知の通り、クレジットカードやデビットカードを停止すること。

紛失・盗難の問い合わせ窓口は基本的に24時間対応しているので、すぐさま連絡しましょう。

次に海外旅行保険に入っている方は保険会社に連絡。
ここで色々とアドバイスなりも頂けます。

そして、本題のパスポート再発行についてです。

パスポートを紛失した場合の選択肢

在エチオピア日本大使館で提示された選択肢は以下の通り。

A.パスポートを再発行する

B.渡航書を発行してもらい日本に帰国する

C.仮のパスポートを発給してパスポートが印刷できる国で新規発行する

という3択でした。

Bに関しては、日本に帰るつもりはなかったので却下。
Cに関しては、早くにエチオピアを離れることはできるが、仮のパスポートでICチップも入っていない為に偽造を疑われたりとあまりおすすめできないとのことなので却下。

ということでAの再発行手続きをしてエチオピアで待機することにしました。

パスポートの再発行から出国ビザ取得まで

おおまかな流れとしては、

(1)現地の警察に行き、パスポートを盗難・紛失した証明書を作成してもらう

(2)3.5cm×4.5cmの証明写真を用意

(3)現地日本大使館に行き、再発行の手続きをする

(4)新規パスポートを取得後、出入国管理局で出国ビザを申請、発行

という流れになります。

パスポートの再発行に必要なもの

パスポートの再発行に必要なものは以下の通りです。

・現地警察で作成してもらう盗難の証明書(ポリスレポート)

・3.5cm×4.5cmの証明写真(6ヶ月以内に撮影したもの)2枚

・戸籍謄本(6ヶ月以内に発行したもの)

・パスポート発行料金
10年 3,326ブル(約13,304円)
5年 2,287ブル(約9,148円)

パスポートの再発行の際にあるといいもの

・パスポートのコピー

・現地ビザの写メもしくはコピー

・日本で家族に代理発行してもらった戸籍謄本の写メやスキャン画像(戸籍謄本を持っていない場合)

これらがあると新規発行までをスムーズに進めることができます。

(1)現地の警察に行き、パスポートを盗難・紛失した証明書を作成してもらう

ホテルのスタッフに警察署へ案内してもらいました。

対応や手続き方法などはその国の警察署によってかなり違ってくると思いますが、盗難の証明書(ポリスレポート)は必ず出してもらいましょう。

エチオピアのメケレの場合は、盗難されたものの内容を詳しく伝えたのですが、ポリスレポートには財布とクレジットカードとパスポートだけしか書かれていませんでした。

なので内容をちゃんと書き直してもらいました。

内容にパスポートが書かれているのでパスポート発行に対しては大丈夫なのですが、もし保険で保証してもらえるようなものが盗難にあっていてそれがポリスレポートに書かれてないと、証明が難しくなる可能性もありますのでちゃんと書いてもらいましょう。

ちなみに私は、ポリスレポートに予防接種証明書(イエローカード)の記入があったので、予防接種を再度受けることなくイエローカードを再発行してもらえました。

紛失・盗難証明書(ポリスレポート)を翻訳

私が盗難にあったのは遭ったのはメケレという街。

パスポートを申請するのはアディスアベバというエチオピアの首都。

このふたつの街は、実は使用している言語が違います。

メケレで作成してもらった紛失・盗難証明書(ポリスレポート)はティグリニャ語で書かれているので、アディスアベバで使用するにはアムハラ語に翻訳してもらう必要があります。

日本大使館ではティグリニャ語のポリスレポートだけで問題ありませんでしたが、出国ビザの申請等をする時にアムハラ語でのポリスレポートが必要になります。

翻訳をしてもらうと言っても、どうすればいいの?
と思うかもしれませんが、心配はいりません。

この翻訳を行ってくれるお店が、アディスアベバスタジアム周辺に集まっています。

ここでアムハラ語に翻訳してもらいましょう。
料金は80ブル(約320円)。

(2)3.5cm×4.5cmの証明写真を用意

持っていれば問題ありません。
私はかなり昔の証明写真しか持っていなかったので撮影しにいきました。

実際に撮影に行った場所はここ。

このショッピングモールの1階にある写真屋さん。

日本大使館から徒歩で15分ほどです。
4枚で25ブル(約100円)。

日本と違って撮影も印刷も雑です。

なので、印刷する前に顔の大きさや構図などをしっかりチェックして、ダメなら何度でも撮り直してもらいましょう。

私も実際にかなりうるさくチェックしました。
お店の人は呆れてましたけどね(笑)

(3)現地日本大使館に行き、再発行の手続きをする

在エチオピア日本大使館に行きます。

【在エチオピア日本大使館】
●営業時間
8:30〜17:00
●営業日
月〜金(土日祝休み)

前述したパスポートの再発行に必要なものと、パスポートの再発行の際にあるといいものを用意して行きましょう。

大使館では優しい日本人の方が対応してくれますので安心して下さい。

ここで、
・紛失一般旅券等届出書
・一般旅券発給申請書

を記入します。

これらの用紙は大使館でもらえます。

ここでの手続きは大使館の方の指示に従って行えばいいので、何ら難しいことはありません。

面倒なのは、家族に戸籍謄本を取ってきてもらってそれを大使館に送ってもらうことです。

日本から戸籍謄本をエチオピアに送る

送る方法としては、
・日本郵政のEMS(国際スピード郵便)
・DHL
・FedEx

などがあります。

この中で海外に届くスピードが1番速いのはFedEx。
次にDHLで、最も時間がかかるのがEMSです。

私はEMSで送ってもらいました。
なぜかと言うと、再発行したクレジットカードを一緒に送ってもらう為。

DHLとFedExはクレジットカードを送付することは禁止されています。

ですのでEMSで送りました。

石川県金沢市からアディスアベバまでちょうど1週間で届きました。

クレジットカードを送ることはかなり危険ですので、おすすめはしません。
この場合不正使用されても保険が適用されないことが多いようです。

パスポート発行までにかかる日数

エチオピアてパスポートを申請した場合、手元に届くまでに約2週間ほどかかります。

というのは、エチオピアにはパスポートを印刷する機械がないので、日本に依頼して日本から送ってもらう必要があるからなんです。

私の場合は運良くパスポートの再発行の際にあるといいものなどが揃っていたのと、日本大使館の方が急いでやってくださったので10日間でパスポートは日本大使館に届きました。

これだけ揃っていて急いでもらっても10日間はかかりましたので、やはり2週間はかかるとみておいたほうがいいでしょう。

(4)再発行されたパスポートを取得後に出入国管理局で出国ビザを申請、発行

パスポートを発行してもらっただけでは出国できません。

エチオピア出入国管理局に行き、出国ビザを発行してもらわなければいけません。
(出国ビザと呼ぶのが正しいかわかりませんが)

出国ビザ申請に必要なもの

・新規パスポート

・新規パスポートのコピー(管理局内で2ブルで印刷できます)

・在エチオピア日本大使館で発行してもらったレター

・盗難の証明書(ポリスレポート)

・100USドル(ブル払いは不可)

レターは新規パスポートを受け取る時に、日本大使館が発行してくれます。

出入国管理局



入り口に入ってすぐにインフォメーションカウンターがあります。

そこでレターとポリスレポートを見せると、手続きの順番を説明してくれます。

おおまかな流れとしては、
インフォメーションカウンター

24番の機械で整理番号を発券

1番の部屋で受付

23番で新規パスポートをコピー(2ブル)と、ビザアプリケーションの用紙をもらい記入

1番の部屋に行きビザアプリケーションの用紙やその他申請に必要なものを提出

21番の部屋で審査

1番の部屋でビザ登録と支払い(100USドル)

後日、3番の部屋にて受け取り

という流れになります。

支払いはUSドルのみ

支払いはUSドルのみです。
ブルでは支払えません。

料金は100ドル。
しかも、古い100ドル札も使用できません。

私は2003年製の100ドルで支払おうとしたら拒否されました。
ものすごい勢いで(笑)
2006年製以降の100ドル札じゃないとダメだそうです。

他の額の紙幣での支払いが可能かどうかは確認が取れていませんが、可能ならば新しいほうがいいのだと思います。

ビザは即日発行されない

残念ながら出国ビザは即日発行されません。

私は3月4日に申請をして、5日の朝一番に支払いをして、6日に受け取ることができました。

実際は7日じゃないと発行はできないと言われていたのですが、6日の15:00に行ったらできていました。

これでようやく全てが終了。
ようやくエチオピアを出国するこができます。

出国ビザの有効期限

出国ビザの有効期限は支払い完了日から10日間です。

例)3月5日に支払いを完了した場合の有効期限は3月15日まで

エチオピアでUSドルを手に入れるのはかなり大変

ビザ申請の支払いはUSドルのみです。
普通の銀行ではアカウントを持っていないと絶対に換えてくれません。

10件以上の銀行を周りましたが、ダメでした。

最終的に日本大使館の方に相談すると、唯一Commercial Bank of Ethiopia Adis Abeba Branchでならブルからドルに両替えできるとのこと。

大使館の方が銀行のマネージャーにアポイントまで取ってくれたので、何とか両替えできました。

銀行へ行ってマネージャーを訪ねて、窓口へ行って、またマネージャーの所へ行ってまた窓口へ行って、、、と、アポイントを取っていても両替えは大変でした。

時間と手間がかかることは覚悟しておいたほうがいいですね。

もしUSドルを手に入れたい場合は、Commercial Bank of Ethiopia Adis Abeba Branchの2階(1st Floor)の68番か69番窓口にまず行って、窓口の人に相談するといいでしょう。

ちなみにこの方法以外でUSドルを手に入れる場合は、闇両替しかありません。

たまに両替えをしないかと声をかけてくる人がいるので、その人に両替えしてもらうとかしか方法はないですね。

一度レートを聞いたのですが1USドル=35ブルと、とんでもなく悪いレートでしたが。

最低限かかる支出

・パスポート(10年) 3,326ブル(約13,304円)
※5年ならば 2,287ブル(約9,148円)
・ポリスレポート翻訳 80ブル(約320円)
・証明写真 25ブル(約100円)
・出国ビザ 100USD(約11,300円)

合計 約25,024円

最低限これだけの金額が必要となります。

これに加えて交通費や宿泊費などがかかってくるので、パスポートを紛失すると時間もお金もかなり削られていきます。

私はエチオピアは2週間程度の滞在を予定しておりましたが、結局1ヶ月の滞在となってしまいました。

まとめ

エチオピアでパスポートを再発行してもらうには、どんなに急いでも10日間はかかります。

最低限、約25,024円以上の支出もかかります。

エチオピアでUSドルを手に入れるのが大変だったり、ビザの支払いで古い100ドル札が使えなかったりと、本当に嫌になることもありましたが、何とかなりました。

何ともならないわけではありません。

日本大使館の方と相談すれば、その時の状況に応じた最善策を一緒に考えてくれます。

かなり親身になって対応してくれて、本当に感謝しています。

この記事が、同じ状況になってしまった人の参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!