【アテネ・パルテノン神殿】トランジット時間を利用してアテネ・パルテノン神殿への行き方。ギリシャ

シェア

2019年5月現在はブルガリアです。

(今まで行った国→タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア)

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

記事読むの面倒だから要点だけすぐに知りたい!って方や質問などがあれば、どうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

トルコからエジプトへ行くのに、ギリシャのアテネを経由(トランジット)していく飛行機に乗りました。

トランジットの時間は約20時間。

これだけあれば余裕で日帰りアテネ観光ができます。

ということで、トランジットを利用して空港からアテネまで観光してきました。

※1ユーロ=127円で計算

観光時間

アテネ国際空港に11:10に到着して、パルテノン神殿を観光してまた空港に戻ってきたのが17:00でした。

6時間ほどの時間があれば空港からパルテノン神殿へ日帰り観光ができます。

アテネ国際空港到着

到着したらそのまま到着ゲートに進みます。

ギリシャへの入国審査(Passport Control)を受けて入国します。

2019年1月時点ではギリシャを含むシェンゲン協定加盟国での総滞在日数が90日以内であれば、ビザは不要。

入国審査もかなりあっさりしていて、すぐに入国できます。

Wi-Fi

空港ではフリーWi-Fiスポットが使用できます。

特にSMSコードなどは必要ありません。

アテネ国際空港〜シンタグマ広場(SYNTAGMA)

空港をでて右手に進んでいくと、バスチケットの購入窓口があります。

X95番のバスに乗ればシンタグマ広場へ行けます。

料金は6ユーロ(約762円)。

約1時間でシンタグマ広場に到着。

シンタグマ広場〜パルテノン神殿

徒歩15分ほど。

パルテノン神殿

入場料10ユーロ(約1,270円)。

看板に入場料は20ユーロ(約2,540円)と書いてあったのですが10ユーロでした。

なぜだかわかりませんが、パルテノン神殿が大規模な工事中だからかもしれません。

その他にも数カ所に入場できるチケットも売っています。


地下鉄〜アテネ空港

モナスティラキ(Monastiraki)というところから地下鉄に乗ってアテネ空港へ帰りました。

料金は10ユーロ(約1,270円)。

地下鉄の料金はなかなか高い。

1番安く済ますなら往復バスがいいです。

まとめ

空港からシンタグマ広場までバスで6ユーロ(約762円)。

パルテノン神殿の入場料は10ユーロ(約1,270円)。

看板に入場料は20ユーロ(約2,540円)と書いてあったのですが10ユーロでした。

市街から空港までは地下鉄で10ユーロ(約1,270円)。

6時間ほどあれば空港から日帰りで観光できます。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!