【カッパドキアからパムッカレ】夜行バスでの行き方

シェア

2019年4月現在はボツワナです。

(今まで行った国→タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ)

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

記事読むの面倒だから要点だけすぐに知りたい!って方や質問などがあれば、どうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

【2019年1月8日】
この日はあいにくの大雪!
前日に1週間待ち続けてようやくフライトした気球にも乗れ、思い残すことなくトルコのデニズリ・パムッカレへ向かうことができます。

パムッカレは石灰華段丘が有名な場所。

トルコのカッパドキア・ギョレメからパムッカレへ夜行バスでの行き方です。

チケット購入場所

チケットは前日に購入しました。

ギョレメのバスターミナルに並ぶ旅行代理店で購入。

向かって1番右端にあるONCUというバス会社。

ここが値段が1番安くて70リラ(約1,540円)でした。

しかもパムッカレまでのシャトルバスも込みの値段。

他のバス会社は80〜85リラ(約1,760〜1,870円)。

乗ってから気づいたんですが、おそらく4列シートだから安いんだと思う。

勝手に2+1列だと思ってた。

これだったら85リラでもいいから2+1列のひとりの席がよかったなぁ(笑)

そういえば他の店でどんなバスか聞いた時、2+1列の3列シートだった。

出発当日

ONCUの店舗の前から出発します。

19:15発の予定が結局バスが到着したのは19:55でした。

20:05 出発。

バス社内の様子

バスは4列シート。

ジョージアから乗ってきたMETRO社とかのバスよりかは明らかにショボい感じだった。

もしもうちょっと良いバスに乗りたければONCU社以外を選んだほうがいいですね。

22:30 休憩。
有料トイレは1.5リラ(約33円)。

23:05 出発。
7:00  到着。

パムッカレ

公園の脇の道を進むとチケットカウンターがあり、そこから入場できます。

ホテルが集まっているところからすぐのところ。

【営業時間】
夏期間 8:00〜21:00(閉館21:00)
冬期間 8:00〜17:00(閉館17:00)

【入場料金】
50リラ(約1,100円)

※トルコミュージアムチケット 315リラ(約6,930円)

※カッパドキアミュージアムチケット 110リラ(約2,420円)

パムッカレに入るには靴を脱がなければなりません。

この日は極寒で、足の感覚がなくなってしまうんじゃないかくらいに寒い。

そして石灰が意外とゴツゴツしていて痛い!

入ってすぐのところからすでに水が張っているんですが、これもめちゃくちゃ冷たい。

ちなみに少し上の方に行くと温かい水が流れているので、そこまで行くと足を温めることができます。

そして水が張っているのはここだけ。

あとはほとんど枯れてしまっています。

しかし景色はとってもキレイ。

この日は曇りでしたが、その隙間からこもれる光が幻想的で美しかった。

ヒエラポリス遺跡

パムッカレの石灰華段丘の一番上にある遺跡。

ローマ帝国の温泉保養地として栄えた。

パムッカレで泊まったホテル

Kale Hotel

パムッカレだと安いホステルがここくらいしかなかった。

けど冬の寒い時期は絶対におすすめしない。

1階はレストランで2階から部屋。

3つのシングルベッドが並ぶドミトリーに泊まったが、とにかく寒い。

エアコンは付いているけど全然きかないし、シャワーはぬるくて体が暖まらない。
寒くて何回も起きた。

1階のレストランも寒い。
このホテルで暖かい所はどこにも無かった。
暖かい時期なら問題はないかな。

Wi-Fiは普通。
対応も普通。

まとめ

パムッカレのあるデニズリまでは夜行バスで70リラ(約1,540円)。

約11時間で到着。

パムッカレの入場料は50リラ(約1,100円)。

水はほとんど枯れてしまっています。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!