【インド】ニューデリー観光。入場無料の観光地おすすめ4選とディワリ。

シェア


インドのニューデリーで入場無料の観光地おすすめ4選をご紹介します。
入場無料でも充分に楽しめる場所ばかりです。

そしてインドの3大祭りのひとつであるディワリをニューデリーで過ごしました。
結果的にはニューデリーのディワリは大したことありませんでした。
ディワリを過ごすならバラナシとかのほうがいいです。

入場無料の観光地

アクシャルダム寺院(Akshardham Temple)


とても大きく、その美しい彫刻などが人気のアクシャルダム寺院。
鉄やコンクリートを一切使わず砂岩や大理石で建設されています。

2007年に「世界一大きなヒンドゥー教寺院」として、ギネスブックにも掲載されました。

別記事に詳しく書いていますのでご参考にください。

【アクシャルダム寺院(Akshardham Temple)】
営業時間:9:30~18:30
休館日:月曜
入場料:無料

ロータス寺院(Lotus Temple)

Kalkaji Mandir駅が最寄り駅で、駅からは徒歩約10分で行けます。

蓮の花をモチーフとしたロータステンプル。

バハーイー教という宗教の礼拝堂です。
バハーイー教とは19世紀のイランに始まって世界中に広まった宗教だそう。

寺院とは思えないようなオシャレで美しい寺院です。

【ロータス寺院(Lotus Temple)】
営業時間:9:30~17:30
休館日:月曜
入場料:無料

アグラーセンキバオリ(Ugrasen ki baoli)

幅が15メートル、深さ60メートル、103段の階段井戸。
シンプルに階段井戸だけがあります。

階段を降りていくこともできますので、井戸全体を楽しむことができます。

井戸の前の道路にはなぜかグラフィックアートがいくつも描かれていて、それを鑑賞するのもひとつです。

【アグラーセンキバオリ(Ugrasen ki baoli)】
営業時間:9:00~18:00
休館日:日曜
入場料:無料

インド門(India Gate Delhi)

第一次世界大戦の戦没者の慰霊碑であるこの門は、パリの設計士によって造られました。
高さは42mあり、戦没者の名前が刻まれています。

ニューデリーのディワリ

ディワリとは、インドのヒンドゥー教の女神ラクシュミーをお祝いするお祭り。
別名「光のフェスティバル」とも呼ばれる。

正直ニューデリーのディワリはもう大したことはありませんでした。

以前は爆竹がすごかったりもしたようですが、今は規制がかかって派手にはできなくなったようです。

ですので、インドでディワリを過ごすならバラナシがいいと思います。

ディワリの様子

全体には大したことはありませんが、インド門はインドの国旗柄にライトアップされていたりマーケットがきらびやかだったりはしました。

まとめ

入場無料でも充分に楽しめる場所ばかりです。

ディワリを過ごすならバラナシがいいと思います。
バラナシではガンジス川沿いをたくさんのろうそくが灯るようです。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!