【タイ】バンコクからメークロン市場(Mae Clong Market)へ鉄道での行き方

シェア

表紙

線沿いギリギリにマーケットが立ち並ぶメークロン市場(Mae Clong Market)。
電車が通る時にはテントを畳み、通り過ぎたらまた広げて再開。
数センチ目の前を電車が横切る姿は大迫力!
そんな人気の観光スポットでもあるメークロン市場への鉄道での行き方を記載しました。

鉄道で行くメリット・デメリット

メリット

・車内から市場ギリギリを通る様子を見ることが出来る
・運賃が安い(片道トータル23バーツ)

デメリット

・時間がかかる(待ち時間等含め約4時間)
・乗り換えが面倒

もちろんメリット・デメリットありますが、私が鉄道を選んだ理由としては、
・ロットゥー(ミニバン)が苦手
・鉄道から外を眺める事が好き
・運賃が安い
・車内から市場ギリギリを通る様子が見られる
ということから鉄道で行くことを選びました。

時間がある方は鉄道をオススメします。

メークロン市場の場所


住所:Mae Klong, ムアンサムットソンクラーム サムットソンクラーム 75000 タイ

行き方

ボートを含めて2回の乗り換えがあります。

①ウォンウィアン・ヤイ駅(Wongwian Yai Railway Station)→マハーチャイ駅(Maha Chai Station)

<ウォンウィアン・ヤイ駅の入り口>
Wongwian Yai Railway Station
入り口を入って右手に小さなチケットカウンターがあるので、そこでチケットを購入。
10バーツ。

<ホーム>
ホーム
ホームの犬
犬ものんびりしています。
ウォンウィアン・ヤイ駅からマハーチャイ駅までの乗車時間は約1時間。

②マハーチャイ駅→マハチャイ埠頭(ボート)→バーンレーム駅(Ban Leam Station)

<マハーチャイ駅周辺>
マハーチャイ駅
マハーチャイ駅から出るとこんな感じの風景。
ここからマハーチャイ埠頭まで移動。
歩いて2分の距離です。

<マハーチャイ埠頭入り口>
マハーチャイ埠頭入り口
ここが入り口。
すぐ左手にチケットカウンターがあります。
3バーツ。
ボート
ボートにはバイクもバンバン乗り込みます。
バーンレーム駅のある対岸のチャロム埠頭(Chalom Pier)までは約5分で到着します。

<チャロム埠頭到着>
チャロム埠頭
ここからバーンレーム駅へと向かいます。
徒歩で7〜8分程です。
バーンレーム駅までの道順
Google マップで経路検索をしても正しく表示されません。
上画像の黄色の道を進んで行けば駅にたどり着けます。

<埠頭出入り口>
出入り口
埠頭から面の道路に出た所。
出て右手に進んで行きます。
後はひたすら真っ直ぐ進むだけです。
学校
左手に学校が見えてきます。
ゾウ
さらに進むと右手にゾウの置き物がある駐車場?が見えます。
さらに真っ直ぐ進みましょう。
駅手前
駅の名前が書いた白い看板が見えてきます。
もう到着です。

<バーンレーム駅入り口>
バーンレーム駅入り口
<チケットカウンター&時刻表>
チケットカウンター
時刻表
メークロン駅までのチケットを購入。
10バーツ。
メークロン駅までの乗車時間は約1時間ちょっと。
バーンレーム駅発の時刻は、8:30、11:30、14:30、17:40。
この時は時間変更になっており、カウンターに貼り紙がしてありました。

③バーンレーム駅→メークロン駅(Mae Clong Station)

<メークロン駅までの車窓>
車窓の景色
のどかな風景が続きます。
鉄道で行く醍醐味のひとつですね。
心地良い風に吹かれ、外の景色を眺めながらの電車はとっても気持ちが良いです。

<メークロン市場通過>
メークロン市場通過
こんな近くを通過!
ゆっくり走るけど危ない事には間違いない。。。
鉄道で行くと車内からの様子も見ることができるので面白いですよ。
みんなが乗ってる人を見て手を振ってくれたりします(笑)
メークロン市場通過

<メークロン駅到着>
到着

電車の待ち時間などを含めて、トータルで約4時間の道のりでした。
しかし運賃は片道たったの23バーツ!
安すぎます(笑)

メークロン市場発着 時刻表

6:209:0011:3015:30
8:3011:1014:3017:40

市場の営業時間

営業時間は、6:00~16:00。

14:30までの電車で到着していないと、テントをしまって電車通過後またテントを広げて再開するという名物が見れません。
発着両方見たいという方や帰りも鉄道で帰りたいという方は、11:10までの電車で到着しておきましょう。

帰り

私は帰りはロットゥ(ミニバン)で帰りました。

乗車場所

昔の情報だと全然違う場所が乗車場所となっています。
私はその情報を頼りに行って、迷って、探しに探して結局見つからず、人に聞きまくってようやくたどり着きました(笑)
2018年6月時点ではここです!

まとめ

鉄道での行き方は、
ウォンウィアン・ヤイ駅

マハーチャイ駅

マハーチャイ埠頭(ボート)

バーンレーム駅

メークロン駅
という順番で乗り継いで行きます。

料金は片道23バーツ。
時間は約4時間。

私は行きに鉄道、帰りはロットゥーにしました。
ロットゥーが苦手なので本当は往復鉄道にしたかったのですが、時間がかかりすぎるのでやめました。
みなさんも是非、鉄道でメークロン市場まで行って見てはいかがでしょうか。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!