【リビングストン】カピリムポシ→ルサカ→リビングストンへ移動。ザンビア。

シェア

2019年7月現在はイギリスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

長いタンザン鉄道の旅を終え、カピリムポシムポシ(Kapiri Mposhi)に到着。

ここからビクトリアの滝から近いリビングストンへ向かいます。

カピリムポシからルサカ、ルサカからリビングストンへ移動しました。

※1クワチャ=9円で計算

カピリムポシ〜ルサカ(Lusaka)

4:30 カピリムポシの駅に到着

カピリムポシの駅前にミニバスやタクシーが停まっています。

ルサカまでのバスが100クワチャ(約900円)。

値切って80クワチャ(約720円)にしてもらいました。

駅にはATMがなくお金はなかったのですが、ルサカに着いてからでいいよと言われたので着いてからATMでおろして払いました。

カピリムポシの駅から少し離れたところにバスターミナルがあり、そこから50クワチャ(約450円)でルサカに行けるようです。

しかし場所がわからないのと治安を考えて駅前から乗ることにしました。

6:00に出発して、ルサカには9:00に到着しました。

【カピリムポシ〜ルサカ】
出発:6:00
料金:80クワチャ(約720円)
所要時間:約3時間

ルサカ〜リビングストン(Livingstone)

9:00 ルサカに到着。

Lusaka Inter-City Bus Terminus

バスから降りると案の定、たくさんの人が連いてきます。

ルサカに到着してATMへ行きお金をおろして支払いをしました。

ATMへ行く間も誰かしらがずっと連いてきます。

毎回のことながら、これが本当に鬱陶しい。

振り払いながらリビングストン行きのバスチケットを買いに行きます。

購入場所

購入したのはLusaka Inter-City Bus Terminus内にあるバス会社。

リビングストン行きはバス会社によって違いますが、5:30から14:00まで1時間おき、もしくは2時間おきにあるようでした。

私たちが購入したのはfin traveellersという会社。

値段はどの会社を比較してもも200クワチャ(約1,800円)。

たくさんの勧誘が寄ってくるのでそこで交渉をして、最終的に180クワチャ(約1,620円)でWi-Fi付きのfin travellarsにしました。

他の会社で150(約1,350円)というところもあったのですが、その会社はWi-Fiが付いていません。

しかしfin travellarsは絶対におすすめしません。

結局このバスもWi-Fiが機能していませんでした。
バス会社のスタッフがしきりに「Wi-Fiが付いているからウチがいいよ」と言っていたのに、信じた自分がバカでした。

バスはミニバスで背もたれが倒れないし、狭いし、スタッフの対応も良くありません。

時間も別に早く到着するわけでもないので、選ぶなら安く乗れるバスを選べばいいと思います。
大型のバスもありますし。

【ルサカ〜リビングストン】
出発:5:30〜14:00まで1時間おき
料金:200クワチャ(約1,800円)
所要時間:約8時間

ルサカ出発

11:30にルサカを出発。

途中で一度トイレ休憩があって、その後は到着まで休憩なし。

19:00にリビングストンに到着。

到着場所はfin travellersのオフィス。

泊まったホテル

ザンベジハウス(Zambezi house of africa)

ドミトリールームで1泊100クワチャ(約900円)でした。

プールもキッチンも付いていて快適。
近くにスーパーマーケットもあり。

Cafe Zambeziが併設されているので、値段は高いですが食事も取ることができます。

部屋にはロッカーも付いています。

ただひとつ難点は、蚊が異常に多かった。

wi-fiは普通です。

まとめ

【カピリムポシ〜ルサカ】
出発:6:00
料金:80クワチャ(約720円)
所要時間:約3時間
【ルサカ〜リビングストン】
出発:5:30〜14:00まで1時間おき
料金:200クワチャ(約1,800円)
所要時間:約8時間

fin traveellersという会社はおすすめしません。
乗り心地は悪いし、wi-fiが付いているからと言って本当は付いていなかったりします。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!