【リバプール&マンチェスター】2日間で観光。マンチェスターは無料バスが運行。イギリス。

シェア

2019年9月現在はポルトガルです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス・ポルトガル

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

リバプールとマンチェスターを2日間で観光してきました。

大きな目的でいうと、サッカーのマンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアムツアーへの参加と、ビートルズ博物館への訪問です。

サッカーをやっていた私としては是非ともスタジアムツアーに参加したかった。

本当は試合を観たかったんですが、シーズンオフでやってなくて(笑)

それから、ビートルズ生誕の地であるリバプール。

世代ではない私でさえたくさんの曲を知っているそんなビートルズの博物館や、曲の起源となった地への訪問をしてきました。

※1ポンド=140円で計算

ロンドン〜リバプール(Liverpool)

まずはロンドンからリバプールへ行きます。

そしてリバプールからマンチェスターへは電車で1時間ほど。

マンチェスターは宿泊費が高い!ということもあり、リバプールを拠点にしてマンチェスターも観光しました。

ロンドンからリバプールへはバスで移動。

チケットはNational Expressの公式ホームページから購入。

アプリから購入も可能。

National Express Coach

National Express Coach
開発元:National Express Coach
無料
posted withアプリーチ

行きはバスで10.7ポンド(約1,480円)。

13:00 London Victoria Coachから出発。

18:50 Liverpool One Bus Stationに到着。

【ロンドン〜リバプール】
交通機関:バス
料金:片道10.7ポンド(約1,480円)
所要時間:約5時間50分

宿泊したホテル

ハッターズホステス(Hatters Hostel)


【部屋】
14ベッドのドミトリールーム。

清潔で何ら問題はありませんが、2段ベッドが異様にきしんでかなりうるさいです。

【水回り】
トイレ、シャワーも問題なし。

キッチンもあり、調理道具も揃っています。

【Wi-Fi】
最初は強かったんですが、その後は少し弱くなりました。

時間帯や場所によってしまうのかもしれませんが、問題なく使えるレベルです。

【周辺環境】
飲食店やスーパーマーケットも近くにあります。

バス停や電車の駅も近いので、とても便利です。

リバプール〜マンチェスター(Manchester)

リバプールからマンチェスターへは電車で1時間ほど。

料金は片道3.1ポンド(約434円)。
チケットはTrainlineのアプリで購入。

Trainline: Buy Train Tickets

Trainline: Buy Train Tickets
開発元:thetrainline
無料
posted withアプリーチ

8:16 Liverpool Lime Streetから出発。

9:11 Manchester Piccadellyに到着。

帰りは、
18:09 Manchester Piccadelly発、
19:03 Liverpool Lime Street着の電車で帰りました。

【リバプール〜マンチェスター】
交通機関:電車
料金:片道3.1ポンド(約434円)
所要時間:約55分

【1日目】

1日目はマンチェスターの観光をしました。

観光した場所は、
◉国立サッカー博物館(National Football Museum)
◉ジョン・ライランズ図書館(The John Rylands Library)
◉オールド・トラッフォード(Old Traffprd)

マンチェスターでの移動

マンチェスターには無料観光シャトルバスが運行しています。

【ルート1】
月曜〜金曜:7:00〜22:00
土曜:8:30〜22:00
※10分毎に運行。(18:00以降は15分毎)
日曜:9:30〜18:00
※12分毎に運行。

停車場所:
Piccadilly Rail Station via Station Approach, Piccadilly, Portland Street, Charlotte Street, King Street, Cross Street, Market Street, St Mary’s Gate, Deansgate, Peter Street, Mount Street, Albert Square, Cross Street, King Street, York Street, New York Street, Portland Street, Chorlton Street, Aytoun Street, Auburn Street, to Piccadilly Approach.

【ルート2】
月曜〜金曜:6:30〜22:00
土曜:8:30〜22:00
※10分毎に運行。(18:30以降は15分毎)
日曜:9:30〜18:00
※12分毎に運行。

停車場所:
Deansgate, Quay Street, New Quay Street, Irwell Street, Trinity Way, Chapel Street, New Bailey Street, Bridge Street, Deansgate, Victoria Bridge Street, Chapel Street, Victoria Street, Hunts Bank, Victoria Station Approach, Todd Street, Corporation Street, Withy Grove, Shudehill, Thomas Street, High Street, Church Street, Dale Street, Ducie Street, to Piccadilly Approach.

国立サッカー博物館(National Football Museum)


入館料は10ポンド(約1,400円)。

グランドフロア、1〜3階が展示スペースとなっている。

サッカーを観たり、サッカーの歴史が好きな方でないと相当つまらないと思う。
私は、、、あまり面白くはありませんでした(笑)

もっと広いのをイメージしていたけど、案外狭かったですね。
30分くらいで見学は終了。

10ポンドはちょっと高いかなーって感じです。


















【国立サッカー博物館(National Football Museum)】
入館料:10ポンド(約1,400円)
営業時間:毎日10:00〜17:00(最終受付16:30

休館日:12月24・25・26日、1月1日
住所:Urbis Building, Cathedral Gardens, Manchester, M4 3BG

ジョン・ライランズ図書館(The John Rylands Library)


厳かな雰囲気のある、とても美しい図書館。

古い書籍がびっしり並んでいます。

無料で見学できます。

【ジョン・ライランズ図書館(The John Rylands Library)】
入館料:無料
営業時間:
日曜・月曜、12:00〜17:00
火曜〜土曜、10:00〜17:00
休館日、12月24日〜1月1日
住所:The John Rylands Library, 150 Deansgate, Manchester, M3 3EH

オールド・トラッフォード(Old Traffprd)


マンチェスターのサッカーチーム、マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム。

そのスタジアムツアーに参加してきました。
スタジアムツアーは事前にマンチェスター・ユナイテッドの公式サイトで予約してから行きました。

【スタジアムツアー】
料金:25ポンド(約3,500円)
所要時間:約1時間20分
開催時間:
月曜〜土曜は9:30〜17:00、日曜は10:00〜16:00の間で選択(上記公式サイト参照)

ツアーが始まるまではミュージアムを見学できます。

これまでのマンチェスター・ユナイテッドの功績はすごい。
それはトロフィーの数が物語っていた。

ツアー内容

ガイドは全て英語です。

見学箇所は、
・観戦席
・ドレッシングルーム(控え室)
・VIP席
・記者会見室
・ピッチ脇
・選手席

普段は絶対に入れないとことに入ることができて興奮しました。

そして思った以上に観戦席とピッチが近い!
ますます実際に試合をしているところを見たくなりました。

マンチェスター・ユナイテッドの公式グッズも買えます。

【マンチェスター・ユナイテッド・グッズショップ(MEGASTORE)】
営業時間:
月曜〜土曜、9:30〜18:00
日曜、11:00〜17:00

【2日目】

2日目はビートルズゆかりの地巡り。

◉ストロベリー・フィールズ(Strawberry Fields)
◉ペニー・レーン(Penny Lane)
◉ビートルズ博物館(The Beatles Story)

へ行きました。

ストロベリー・フィールド(Strawberry Field)

リヴァプール郊外にあるストロベリー・フィールド(Strawberry Field)。
このストロベリー・フィールドは、ジョンが幼少期に暮らしていた家の近くにあった戦争孤児院。

ここをモチーフとしてストロベリー・フィールズ・フォーエバー(Strawberry Fields Forever)の曲が作られた。

ストロベリー・フィールドの門には世界中から訪れたファンらのメッセージなんかがたくさん書き込まれている。

ペニー・レイン(Penny Lane)

ストロベリー・フィールズ・フォーエバーに触発されて作ったとされている「ペニー・レイン」。

本当になんの変哲もない通り。
ペニー・レインの標識がある。

ビートルズ博物館(The Beatles Story)

公式ホームページからオンラインでチケットを購入。
料金は17ポンド(約2,380円)。

ビートルズのことをそんなに知らなくても充分に楽しめます。
日本語のガイドもあり、ビートルズがどのように結成されたか、そして解散とその後の全てを知ることができます。
私も曲を数曲知っているくらいでしたが、かなり楽しむことができました。

リバプールに来たならば是非とも訪れてほしい場所です。

また、ビートルズのグッズがたくさん売っているショップも併設しています。




























【ビートルズ博物館(The Beatles Story)】
入館料:17ポンド(約2,380円)
営業時間:8:30〜20:00(日によって変更になりますので、公式ホームページの営業時間から確認して下さい。)
休館日:12月25・26日

【3日目】

おまけで3日目はロンドンへ戻る日だったの行ったのは1箇所だけ。

◉アンフィールド(Anfield)

アンフィールド(Anfield)

アンフィールドはリバプールFCのホームスタジアム。

今まで見てきたスタジアムよりは、ちょっとこじんまりとした感じ。
他のスタジアムよりは外観がシンプルな感じでした。

友人に頼まれていたユニフォームを買いにショップへ。
11番のサラー選手のユニフォームを購入。

このショップの特徴としては、選手の番号と名前をその場でプリントしてくれるところ。
プリントもクラシックなものか新しいデザインのものかを選んだりできます。

プリント込みで80ポンド(約11,200円)でした。

【リバプールFCショップ】
営業時間:
月曜〜土曜、9:00〜17:30
日曜、10:00〜16:00
住所:181 Walton Breck Road, Anfield, Liverpool, Merseyside, L4 0RE

リバプール〜ロンドン

帰りは電車で12.3ポンド(約1,722円)。
Trainlineで購入。

Trainline: Buy Train Tickets

Trainline: Buy Train Tickets
開発元:thetrainline
無料
posted withアプリーチ

15:33 Liverpool Limestreetから出発。

19:28 London Eustonに到着。

【リバプール〜ロンドン】
交通機関:電車
料金:12.3ポンド(約1,722円)
所要時間:約1時間55分

まとめ

リバプールとマンチェスターは2日間で充分に楽しむことができました。

マンチェスターの宿泊費はリバプールよりも高いので、リバプールを拠点に観光することをお勧めします。

サッカー好きやビートルズ好きには是非とも行って欲しい場所ですね。

【ロンドン〜リバプール】
交通機関:バス
料金:片道10.7ポンド(約1,480円)
所要時間:約5時間50分
【リバプール〜マンチェスター】
交通機関:電車
料金:片道3.1ポンド(約434円)
所要時間:約55分
【リバプール〜ロンドン】
交通機関:電車
料金:12.3ポンド(約1,722円)
所要時間:約1時間55分