【イスタンブール】ボスポラス海峡クルージングとハマムの料金

シェア

2019年4月現在はナミビアです。

(今まで行った国→タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア)

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

記事読むの面倒だから要点だけすぐに知りたい!って方や質問などがあれば、どうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

トルコ・イスタンブールでボスポラス海峡クルーズとハマム(サウナ風呂)に行ってきました!

※1リラ=22円で計算

ボスポラス海峡

トルコのヨーロッパ部分とアジア部分を隔てる海峡。

クルーズフェリー乗り場

いくつかクルージングできるフェリーがあるよう。

客引きのおっさんも何人かいます。

私が乗ったのは橋のすぐ横に停泊していたフェリー。

並んでいた船の中では1番小さな船。

小さいだけに多少揺れます。
船酔いが激しい人は大きい船に乗ったほうがいいかも。

クルージングルート・料金・時間

ルート

料金は15リラ(375円)。

乗船時間は約2時間半です。

クルーズの様子

13:00 出発。

船内の様子。

2階デッキ。
椅子がたくさん置いてあって、座ってのんびりクルージングできます。

15:30 帰港。

ハマム(ハンマーム)とは

ハマム(ハンマーム)は、トルコやアゼルバイジャン、アラブ諸国・イランなどの中東全域、アフガニスタン、中央アジア諸国、東アジア諸国に広く見られる伝統的な公衆浴場。

語源は「温める」「熱する」を意味するアラビア語の動詞「ハンマ」に由来する。

トルコ語では「ハマム (もしくはハマーム、hamam)」という。

美的な外観と排水・熱効率が計算された内部の構造は建築学の視点から高く評価されている。

>>wikipedia

ハマムの場所


料金

65リラ(約1,430円)

入浴の流れ

サウナ 10分

洗体(垢すり) 10分

マッサージ 15分

局部洗う

ハマムの感想

私はもう2度と行かないでしょう(笑)

なぜなら、垢すりが痛すぎるからです(笑)

肌の弱い私にはただの苦痛でしかありませんでした。

垢すりは肌を手で触ってキュッとなるくらいまでこすります。

体育館の床をバスケットシューズで止まる時のように、キュッとならないと止めてくれません。

終わった後はヒリヒリして痛かった。

マッサージもとにかく力まかせで痛かったー。

ということで、私は2度と行きません(笑)

まとめ

約2時間半のボスポラス海峡クルージングは、15リラ(約375円)でてきます。

ハマムは65リラ(約1,430円)。

肌の弱い方は避けたほうがいいかもしれません(笑)

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!