【フィアナランツァ列車】モロンダバからアンツィラベ、アンツィラベからフィアナランツァへの行き方。マダガスカル。

シェア

2019年7月現在はイギリスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

最大の目的でバオバブの鑑賞を終え、モロンダバを後にします。

次の目的地はフィアナランツァ。

フィアナランツァからマナカラという街へと続く列車からの景色が絶景らしいということなので、行くことにしました。

モロンダバからフィアナランツァへ行くには、アンツィラベという街を経由して行きます。

※1,000アリアリ=33円で計算

モロンダバ・Cotisseオフィス

アンタナナリボからモロンダバに来た時に降りたところ、Cotisseのオフィスでチケットを購入しました。

モロンダバからフィアナランツァへ行くには、アンツィラベという街を経由して行きます。

【モロンダバ〜アンツィラベ】
時間:5:30発
料金:45,000アリアリ(約1,485円)

【アンツィラベ〜フィアナランツァ】
時間:13:00発
料金:25,000アリアリ(約825円)

モロンダバ〜アンツィラベ

5:00にCotisseのオフィスに集合。

実際はちゃんとしたキレイなバスなんですが、そのバスが故障したとかでちょっとボロいバスになってしまいました。

このバスの座席がとんでもなく狭くて、ずっと体育座りしているような状態でした。

お陰で到着した時にはもうぐったりでした(笑)

13:30頃にアンツィラベに到着。

アンツィラベで泊まったホテル

Hotel Hasina

部屋もキレイですし、受付のスタッフの対応もすごく良かった。

wi-fiも強くて何ら問題のないホテルでした。

アンツィラベ〜フィアナランツァ

アンツィラベのCotissミニバス乗り場は、TOTALというガソリンスタンドの前から出発します。

モロンダバからアンツィラベに到着した場所と同じ場所です。

9:30出発だったのですが、結局バスが来たのは10:00でした。

始発がアンタナナリボのバスなので、時刻がズレます。

17:00頃にフィアナランツァに到着。

フィアナランツァのCotisseオフィスは街の中心からだいぶ離れたところなので、街まではタクシーで移動する必要がありました。

フィアナランツァで泊まったホテル

Chez Julienne et Patrick

ホームページ

とにかく場所がわかりづらいです。

Booking.comやGoogleで表示されている位置が違います。

実際の位置はココ。

周辺の様子はこんな感じ。

部屋自体はキレイで1階に住んでいるのであろう家族もとても親切でよかったです。

トイレもシャワーも部屋の外へ出た場所にあったり、wi-fiもなかったりと、長期間滞在するのはちょっと難しいかなと思いました。

フィアナランツァの列車

フィアナランツァからマナカラまでの間を走る列車。

この間を走る間の景色が非常にキレイだとのこと。

しかし驚愕の事実が。

この列車は、火曜日と土曜日しか運行していないという。

私がフィアナランツァに到着したのは水曜日。

帰りの飛行機のチケットを取ってあったので、待つ時間はなかった。

結局乗るのを諦めました。

後日に列車に乗った方の感想を聞きました。

・マナカラまでは13時間かかった
・運行状況から言うとスピードは時速16kmくらい
・途中の駅で20〜30分止まるのでなかなか進まない
・風景はジャングルやバナナの林や、田園風景、滝などが見れてとても良かった
・途中の駅に立ち寄るときに村中の人が集まってくるような感じでどこも賑わっていた
・手を振ってくる子供たちが可愛かった

とのことでした。

是非行かれる方は、火曜日か土曜日に時間を合わせて列車に乗ってみてください。

まとめ

【モロンダバ〜アンツィラベ】
時間:5:30発
料金:45,000アリアリ(約1,485円)

【アンツィラベ〜フィアナランツァ】
時間:13:00発
料金:25,000アリアリ(約825円)

フィアナランツァからマナカラの列車は火曜日と土曜日にしか運行していません。

列車に乗るには時間を合わせて行ってください。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!