【エチオピアからマダガスカル】空港から市街への行き方とSIMカード契約。

シェア

2019年6月現在はフランスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

パスポートや財布が盗まれたりと色々ありすぎたエチオピアをようやく後にして、マダガスカルへ向かいます。

エチオピアはもう来ることはないだろうなー(笑)

人もあんまり良くないし、あんまりいい印象がない、、、。

もちろん良い人もたくさんいるけど、、、
たまにはこんな国もありますよね(笑)

ようやくパスポートも再発行してもらえたし、また体勢を整えてエチオピアからマダガスカルへ。

※1ブル=4円で計算

エチオピア〜マダガスカル

エチオピアからマダガスカルの飛行機の往復チケットを、スカイスキャナーで購入しました。

エチオピア〜マダガスカル
【往路】
9:55発 – 翌1:50着
(ケニアで約9時間のトランジット)

【復路】
16:25発 – 翌9:05着
(ケニアで約11時間のトランジット)

【金額】
37,346円

マダガスカルの次はケニアに行くのですが、マダガスカルから直接ケニアには行かずエチオピアからの往復チケットを購入しました。

エチオピアに一旦戻ってケニアに向かうというルート。

なぜ往復を購入したかというと、これが1番安かったから。

マダガスカルへ行くには、ケニアやタンザニアやマダガスカルから1番近いモザンビークから行くどの飛行機よりも、エチオピアから出る飛行機が1番安かった。

そしてケニアへ行くにしても、エチオピア→マダガスカル→ケニアのルートよりも、エチオピア→マダガスカル→エチオピア→ケニアのほうが断然安かったのです。

なのでエチオピアからの往復チケットを購入したというわけです。

ケニア・ナイロビのジョモ・ケニャッタ国際空港のラウンジ

ケニア・ナイロビのジョモ・ケニャッタ国際空港で約9時間のトランジット。

その間はトルコ航空のラウンジ(Turkish Airlines Star Alliance Lounge)で過ごします。
営業時間は24時間。

ジョモ・ケニャッタ国際空港のターミナル1で、プライオリティパスの使えるラウンジはここだけです。

場所はターミナル1の4番ゲートをさらに奥に抜けていった先。

このラウンジは本当に快適で、

・食事が美味しい
・清潔
・Wi-Fiが強い
・コンセプトプラグがある

と、申し分なしのラウンジでした。

改めてプライオリティパスの有り難みを感じましたね。

長旅をする方はこのプライオリティパスを手に入れることを強くおすすめします!

マダガスカル・イヴァト国際空港(IVAT INTERNATIONAL AIRPORT)


2:00 マダガスカル・イヴァト空港に到着。

ATM

到着ロビーにはATMが2台ありました。
ひとつはVISA以外使えませんでしたが、もう1台はマスターカードも使えました。

最大引き出し額は200,000アリアリ(約6,600円)。

街中でのATMで最大300,000アリアリまで引き出せるものもありました。

SIMカード

到着したのが深夜だったので、SIMカード売り場は閉まっていました。

なので街中で購入することに。

購入からインターネット接続までの流れは後述します。

空港〜アンタナナリボ市街

空港で朝まで待機しようとしてたけど、外にしかベンチがなくて待機できそうもない。

無理をすれば外のベンチで過ごす事もできるが、危険かつ雨のせいでビチョビチョにぬれていたので断念。

アンタナナリボ市街までの移動方法

昼間であれば空港前からバスが出ています。

場所はここから。

私たちが到着したのは夜中だったのでタクシーしか選択肢がありませんでした。

もちろんこれを狙ってタクシードライバーがたくさん話しかけてきます。

私たちの行き先はタナジャカランダホテル(Tana-Jacaranda Hotel)。

初めは60,000アリアリ(約1,980円)と言われました。

空港からタナジャカランダまでは約20km。
この値段が相場より高いのかどうかはわからなかったが、最初に行ってくる値段は絶対に高い。

30,000アリアリで交渉を始めて、粘りに粘って何とか40,000アリアリ(約1,320円)まで下げることができた。

アンタナナリボ市街からイヴァト国際空港

アンタナナリボ市街からイヴァト国際空港までは、マップの位置から出ているミニバスで行くことができます。

ターミナルという感じではなくて、道路脇にミニバスがたくさん並んでいる感じ。

ミニバスのフロントに「IVATO」もしくは「D」と表示のあるものに乗れば空港まで行くことができます。

泊まったホテル

タナジャカランダホテル(Tana-Jacaranda Hotel)。

【部屋】
ツインルーム(シャワー、トイレ共同)。
清潔です。

【料金】
56,000アリアリ(約1,848円)

【水回り】
ホットシャワーが出て、水圧も強い。
トイレは別です。

【Wi-Fi】
Wi-Fiは強くて安定しています。

坂を登った近くにスーパーもあります。

共用スペースのベランダからの景色も良かった。

街中でSIMカードを購入

マダガスカルの携帯会社は3つ。

・Telma
・aittel
・orange

この中でorangeがおすすめだと現地の人に聞いたので、orangeにしてみました。

しかし街中へ行けば専門ショップがあると思って行ったんですが、いっこうに見つからず。

携帯会社の看板はやたら見るのにその店にはSIMカードは置いておらず、恐らくチャージのみができるよう。

ついに専門店を見つけた時にはすでに店が閉まっていました。

Orange

翌早朝にはモロンダバへ出発しないといけなかったのでSIMカードは諦めかけた。

しかしその時、小さな小さな露店でSIMカードを売っているのを発見!

とりあえずSIMカードさえ買っとけば何とかなるでしょう!ってことで、OrangeのSIMカードを2,000アリアリ(約66円)で購入。

そしてorangeの看板がある露店でチャージしようと店主に聞いてみると、チャージカードを渡された。

試しに5,000アリアリ分を買ってみた。

が、どうすればインターネット接続まで辿り着けるのかわからず。

ホテルの人に聞くことに。

ホテルの人もわからなかったが、かなり調べてくれて何とかインターネットのデータチャージまで辿り着けました!

しかしすぐにインターネットは使用できず、結局繋がったのはチャージしてから約18時間後でした。

Orangeデータプラン

Orangeのデータチャージ方法

orangeでインターネットに繋げるまでの流れは、
・SIMカードを買う 2,000アリアリ(約66円)

・クレジットチャージカードを購入

・クレジットをチャージする

・データをチャージする

・インターネット接続まで待つ

・接続されれば完了

という流れです。

詳細を説明します。

露店でSIMカードを購入

SIMカードは道路脇の小さな露店等で売っているので、簡単に入手することができます。

料金は2,000アリアリ(約66円)。

チャージカードを購入

次にチャージカードを購入します。

携帯会社の看板が掲げてある露店がたくさんありますので、そこで購入できます。

チャージカードの裏面を削ると、14ケタの番号がでてきます。

この14ケタの番号の頭に202の番号ををつけて通話します。

音声が流れ、すぐにSMSがきてクレジットチャージが完了します。

データをチャージする

最後にデータチャージを行っていきます。

#123#に通話してUSSDコードを実行。

2:Les Offres Orange(オレンジオファー)を選択。

4:Acheter in Be Connect(接続を購入)を選択。

1:Be Connect Jour(日接続)
2:Be Connect Semaine(週接続)
3:Be Connect Mois(月接続)

いずれかを選択。
私は滞在が10日間だったので、3番を選択。

1:Be Connect 100 Mo + 200 Mo(100MB + 200MB)※ボーナスとして200MBが23時から5時59分まで使用可能。
2:Be Connect 500+ 1Go(500MB + 1GB)※ボーナスとして1GBが23時から5時59分まで使用可能。
3:Be Connect 1Go(1GB)

いずれかを選択。
私は3番を選択。

1:Pour mon compte(私のアカウント用)を選択。

1:Confirmer(確認)を選択。

完了するとSMSが送られてきます。

これでデータチャージも完了。

あとは繋がるまで待つのみです。

私はチャージしてから約18時間後にインターネットに繋がりました。

まとめ

マダガスカルへ飛行機で行くには、エチオピアからの往復チケットが1番安い。

ケニア・ナイロビのジョモ・ケニャッタ国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジは、トルコ航空のラウンジ(Turkish Airlines Star Alliance Lounge)のみ。

マダガスカルのアンテルナシオナル空港にはATMあり。

SIMカードも売っているが、深夜は閉店しています。
街中でSIMカードを買ってチャージをすればインターネットは使えます。

空港からタナジャカランダホテル(Tana-Jacaranda Hotel)までは40,000アリアリ(約1,320円)。

日中であればバスで市街まで行くことができます。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!