アルバミンチ→シャシャマネ→アワサ→アディスアベバの行き方。エチオピア。

シェア

2019年6月現在はフランスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!


アルバミンチからシャシャマネへバスでの行き方です。

シャシャマネといえば「ラスタ村」。

私は正直そんなに興味はなかったんですが(笑)
友人Kくんがレゲエ好きなので行ってきました。

その後はシャシャマネからアワサへ行き、アワサからアディスアベバへ戻りました。

アルバミンチ→シャシャマネ→アワサ→アディスアベバの行き方と料金について記載します。

※1ブル=4円で計算

シャシャマネ行きバスチケット購入

前日にバスターミナルへ行って

坂江基生
シャシャマネに行きたい!

と聞いて回りました。

親切な人がチケット売り場まで連れて行ってくれました。

アルバミンチからシャシャマネまでは、アワサ行きのバスに乗って途中のシャシャマネで降りるという形になります。

アワサ行きのバスチケット

【アルバミンチ〜シャシャマネ(アワサ)】
出発時刻:早朝5:00
料金:113ブル(約452円)
所要時間:7時間

もうひとつのルートとして、アルバミンチの少し北へ行ったソドでシャシャマネ行きのバスに乗る行き方もあるようです。

エチオピア時間

時間は「エチオピア時間の11:00だ」と言われました。

西洋時間でいうところの5:00です。

エチオピアにはエチオピア時間なるものがあります。

西洋時間から6時間進んだ時間。

日本とエチオピアの時差がちょうど6時間なので、エチオピア時間は日本の時間と同じ時刻と考えれば覚えやすいですね。

アルバミンチ〜シャシャマネ

5:00 バスターミナルに到着。

チケットにバスと番号とシート番号が載っています。

5:00出発と言っていたが、結局バスが動き出したのが6:00でした。

アディスアベバからメケレへ行く時も4:30出発が5:30だったし、アディスアベバからアルバミンチへ行く時も同じだった。

なのでエチオピアのバスは基本的に出発時間から約1時間ほど遅れて出発する感じなのだろう。

バスはローカル感のあるバスで、3列×2列のシートで狭い。

背もたれも直角で椅子は硬い。

道は悪くて揺れるし、乗り心地は全然良くありません(笑)

アディスアベバ〜メケレの14時間より、このバスの6時間の方が倍しんどかった(笑)

途中30分ほどの休憩をはさんで、12:00にシャシャマネに到着しました。

シャシャマネで泊まったホテル

サウス・リフトバレーホテル(South Rift Valley Hotel)


バスを降りたところから徒歩で20分。
普段だったら全然歩いていくところですが、ふたりだったのとバスの披露に暑さもあってトゥクトゥクで行くことにしました。

ホテルまでの1.5kmの距離で20ブル(約80円)。

【1泊料金】
シングルルーム 320ブル
ダブルルーム 450ブル

【ベッド】
シングルサイズて清潔。

【水回り】
ホットシャワーが出ます。
タオル、ソープ、トイレットペーパーが付いています。
清潔です。

【Wi-Fi】
かなり不安定ですが、強いときは動画を観れるくらいです。
エチオピアの中では1番強かったです。

【周辺環境】
周辺には何もありません。
ホテル内にはレストランあり。

トマトスパゲッティ 80ブル(約320円)
ビール 16ブル(約64円)
ソフトドリンク 16ブル(約64円)

ラスタ村

場所はココ。

(7.2043540, 38.6161080)

外観を撮り忘れました、すいませんm(_ _)m

ベルやチャイムは無いので、ドアをノックすると中からおっちゃんが出てきます。

おっちゃんが屋内を一通り案内してくれました。

笑顔が素敵なおっちゃん。

すでにキマってました(笑)

宿泊もできるようで、以前は日本の方も長く滞在していたとのこと。

アワサ

シャシャマネからアディスアベバへ行きたいと思いバスターミナルへ行ったが、シャシャマネからアディスアベバへはミニバスでしか行けないとのこと。

ジョーブログのジョーさんの動画で、メケレからアディスアベバまでミニバスで19時間かかっていた。

その動画を観ていただけに、ミニバスでアディスアベバまで行くのにはちょっと気が引けた。

大型バスはどこから出ているのか聞くと、アワサから出ているとのこと。

そこでシャシャマネからアワサへミニバスで行き、アワサで1泊してアディスアベバへ大型バスで向かうことにしました。

シャシャマネ〜アワサ

アワサ

アワサにはアワサ湖という大きな湖があります。

湖のまわりを様々な鳥たちが集まるのを鑑賞できたり、湖をボートクルージングができたりします。

アワサ行きバスターミナル

シャシャマネにはアディスアベバへ行くバスターミナルと、アワサ行きのバスターミナルが別にあります。

アワサ行きのバスターミナルはココ。

ちなみにアディスアベバ行きのバスターミナルはココ。

宿泊していたサウス・リフトバレーホテルからアワサ行きのバスターミナルへトゥクトゥクで向かいました。

約1kmの距離で10ブル。

バスターミナルに着いたらいつも通りたくさんの人が寄ってきます。

なのでアワサ行きのミニバスはすぐに見つかります。

【シャシャマネ〜アワサ】
料金:15ブル(約60円)
荷物代:10ブル(約40円)
所要時間:40分

大きなバックパックを持っていたので荷物代として10ブル(約40円)。

荷物はミニバスはの上に乗せるのですが、私は心配だったので車内に持ち込みました。

車内持ち込みはさらに10ブル。

荷物代も払ってさらに車内持ち込み代って、、、

ミニバスの上に乗せて落下とか盗難とかあるよりかは全然マシなので、とりあえず払ってアワサへ向かいました。

車内はもちろん乗車率150%。

約40分でアワサに到着。

どこが終点かわからなかったので、とりあえず泊まろうと目星をつけていたTadesse Enjoy Hotelの近くに来たあたりで降車。

降車位置はこの辺り。

ここから歩いてホテルまで向かうことに。

途中で「荷物を運ぶよ!」と、木の台車を押している少年が声をかけてきた。

荷物ひとつにつき5ブルで運んでくれるという。

笑顔の素敵なこの少年に頼むことにした。

少年は終始笑顔で荷物を運んでくれた。
実に楽しそうに仕事をしていた。

途中で3回ほど車輪が外れながらも(笑)

ありがとう!少年!

アワサで泊まったホテル

Tadesse Enjoy Hotelに到着したのだが、門前にいる人に「ここはTadesse Enjoy Loungeで、Tadesse Enjoy Hotelはここから1kmほどあっちだよ」とのこと。

このホテルは諦めて、近くのホテルに入ってみることに。

最終的に落ち着いたのがHOTEL PINNA 1

【1泊料金】
シングルルーム 490ブル(約1,960円)
ダブルルーム 600ブル(約2,400円)

私たちが宿泊したのはダブルルームの55号室。

部屋の扉やシャワールームの扉の建付けが悪かったりはするものの、おおむね清潔でWi-Fiも問題なく使用できるレベルで安心しました。

断水もありませんでしたし。

しかし、夜に悲劇が起きてしまいました。。。

南京虫、現る

ちょうど寝ようとした頃に、そいつは現れました。

そう、南京虫。

枕元を動く影が見えて、何だろうとよく見ると南京虫が這っていました。

ビックリしながらも枕を裏返すとさらに2匹。

これはもう寝れないので、レセプションへ言いに行った。

坂江基生
南京虫が出たから部屋を変えてほしい。

受付
部屋は満室です。マネージャーに連絡します。部屋に連絡しますので部屋で待っていて下さい。

とのことだったので待つことに。

しかし1時間経っても連絡が来ない。

再びレセプションに行く。

坂江基生
遅すぎるけど。

受付
マネージャーはもうすぐ来ます。

坂江基生
いつ?

受付
もうすぐ。

坂江基生
いつ来るのか時間の約束をしてくれ。

受付
1時間後。

坂江基生
1時間後!?もう23:00だよ!もういい。部屋の交換はしなくていいから、お金を返して。

受付
わかりました。780ブルのファミリールームが空いているのでそこに移動して下さい。

もう全く意味がわかりません。
最初からすぐに移動させてくれたらよかったやん。
そして満室って言ってたやん。
最後の780ブルのとか、別に値段言う必要ないやん。

何ちょっといい部屋に移れて得したでしょ感を出そうとしとんねん!

終始めんどくさそうにボールペンいじりながら対応しやがって。

と、こんな感じで最悪だったので宿泊するなら気をつけて下さい。

しかしアワサは良いところ!

ホテルは最悪でしたが、アワサ自体はとても良いところでした。

アワサ湖のクルージングはのんびりいていてよかったし、たくさんの鳥たちがいて癒やされました。

人も他の街に比べて「チャイナ!」と言ってくる人も少ないように感じましたし、みんな明るかったですね。

しかしここはアフリカ、エチオピアだということには代わりありません。

アワサで盗難にあったということを書いたブログもありましたので、決して油断はしないほうがいいでしょう。

アワサ〜アディスアベバ

次はマダガスカルへ行きますので、アディスアベバに戻ります。

その前に盗難・紛失したパスポートを新規作成の申請をしていて、それが大使館に届いたので取りに行かなければ。

アワサからは大型バスでアディスアベバへ行くことができるので、大型バスで戻ります。

チケット購入場所

バス会社が入っているショッピングモールみたいなところ。

ここにはSalam BusとEthio Busのバス会社が入っています。

私たちはこれまで何度か乗っているSalam Busを選択。

アワサ〜アディスアベバ

出発:6:00
所要時間:約5時間
料金:180ブル(約720円)

乗車場所

Salm BusやEthio Busなどのバスが全てここから出てました。

6:30頃出発。

11:30頃にアディスアベバのマスカルスクエアに到着。

まとめ

【アルバミンチ〜シャシャマネへ】
料金:113ブル。
所要時間:7時間。

【シャシャマネ〜アワサ】
料金:15ブル(約60円)
荷物代:10ブル
所要時間:40分

【アワサ〜アディスアベバ】
料金:180ブル(約720円)
所要時間:5時間

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!