【ナイバシャ】サイクリングサファリの行き方と料金

シェア

2019年7月現在はイギリスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

ケニアのナイバシャというところで、サイクリングをしながら動物を見れる場所があると知り、是非行ってみたい!ということで行ってきました。

ナミビアからナイバシャへはミニバスで2時間程で行けます。

ナイバシャにはテント泊ができるキャンプ場もあります。
1泊2日のテント泊をしてきました。

テントなどは借りれるので、ほぼ手ぶらで行くことができます。

※1シリング=1円で計算

ナミビア〜ナイバシャ

泊まっていたゲストハウスのNew Kenya Lodgeに大きな荷物は置かせてもらって、必要な荷物だけで行けました。

New Kenya Lodgeを出て左手の道をまっすぐ進んでいくと、ナイバシャ行きのミニバスが停まっています。

私が乗ったのはこの辺り。

この辺りまで行けば、ナイバシャの看板を掲げたミニバスを見つけることができます。

料金は300シリング(約300円)。

2時間ほどでナイバシャに着きます。

到着場所はNaivasha Townバス停。

ナイバシャのスーパーマーケット

ナイバシャに着いたらスーパーで食料品やキャンプ用具を買いにスーパーマーケットへ行きました。

Naivas Supermarket

キャンプ場の周辺などは買い物できるところはないので、このスーパーで買って行った方がいいでしょう。

ここのスーパーは品揃えは良く値段も安くてすごく良かった。

買い出しを終えて次はナイバシャからフィッシャーマンズキャンプ場まで向かいます。

ナイバシャ〜フィッシャーマンズキャンプ場

ナミビアからのバス降り場から少しだけ離れた所に、フィッシャーマンズキャンプ場へ行けるバス乗り場があります。

バスの上の看板にも「FISHERMAN」と書いてあります。

料金は100シリング(約130円)。

フィッシャーマンズキャンプ場の目の前まで行くことができます。

車内は乗車率200%くらい(笑)
もう乗れないだろうと思っても、さらに乗ってきます。

約40分ほどで到着します。

フィッシャーマンズキャンプ場


キャンプ場ではテントなどをレンタルする事ができます。

【フィッシャーマンズキャンプ】
料金は1日利用の値段。

キャンプ場利用料:大人 700シリング(約700円)
※3〜12歳は350シリング

テント(2人用):500シリング(約500円)
テント(3人用):750 シリング(約750円)
テント(6人用):1,500 シリング(約1,500円)
テント(10人用):2,000 シリング(約2,000円)

マットレス:150シリング(約150円)
ブランケット:100シリング(約100円)

自転車:800シリング(約800円)

その他にもアクティビティの予約もできます。
こちらの表から確認できます。

サイクリングサファリ

キャンプ場で800シリング(約800円)で借りれます。

サイクリングルートは、フィッシャーマンズキャンプ場から西へ約10kmほど行った先にあるコンゴーニという街。

サイクリングルートはなかなか起伏もあって疲れます(笑)

しかし途中にはシマウマが1メートル先を走ったりとか、間近でキリンを見ることができたりと、本当に楽しかったです。

野生の動物をサイクリングしながら間近に見ることができるなんて最高でした。

さらにキャンプ場のすぐそばでは、夜にはカバを見ることもできます。

まとめ

【ナミビア〜ナイバシャ】
バス料金:300シリング(約300円)
所要時間:約2時間
【ナイバシャ〜フィッシャーマンズキャンプ場】
バス料金:100シリング(約100円)
所要時間:約40分
【フィッシャーマンズキャンプ場】
キャンプ場利用料:大人 700シリング(約700円)
※3〜12歳は350シリング

テント(2人用):500シリング(約500円)
テント(3人用):750 シリング(約750円)
テント(6人用):1,500 シリング(約1,500円)
テント(10人用):2,000 シリング(約2,000円)

マットレス:150シリング(約150円)
ブランケット:100シリング(約100円)

自転車:800シリング(約800円)

キャンプ場もキレイで過ごしやすいですし、サイクリングしながら見られる野生動物は迫力があって楽しかったです。

マサイマラのサファリとはまた違った楽しさがありました。

これもまた最高ですのでおすすめです。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!