【モシ】コーヒーファームとホットスプリングへの行き方。タンザニア。

シェア

2019年7月現在はイギリスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

タンザニアといえばキリマンジャロ!

キリマンジャロといえばキリマンジャロコーヒー!ってこともないですが。

そんなキリマンジャロコーヒーの豆を作っている農場・コーヒーファームに見学へ行けるツアーがあると聞いたので、行ってみることに。

想像よりも楽しくて癒やされるツアーでした。

コーヒーツアーの後にはホットスプリングにも行ってきました。

※100シリング=5円で計算

ツアー予約

コーヒーファーム見学ツアーの予約は「ユニオンカフェ(UNION CAFE)」というコーヒーショップで行いました。

ツアーを予約するにはこのユニオンカフェが1番安くて良いようなのでここで予約しました。

料金は26,500シリング(約1,325円)。

ちなみに通常のツアー会社だと25ドル(約2,800円)くらいします。

なぜユニオンカフェで予約すると安いのかというと、農場までの往復を自力で行かなければならないからです。

ちなみにユニオンカフェで飲んだコーヒーは、今までに飲んだことのないくらいかなり酸味の強いコーヒーでした。

予約方法

予約をする際に注意しなければいけないのが、ユニオンコーヒーショップのマネージャーにツアー予約の話をしなければいけないということ。

普通の店員の方にツアーの話をすると、往復タクシー&ガイドのツアーしか紹介してくれません。

なので、マネージャーを呼んでもらって予約をするのが1番早いです。

私たちは1日でコーヒーファーム見学ツアーとホットスプリング(温泉)へ行きたかったので、朝8時出発のツアーを予約しました。

農場までの行き方

農場までは現地でダラダラと呼ばれている乗り合いバスのバスターミナルまで行きます。

Moshi Bus Stand

朝8時にユニオンコーヒーへ集合で、マネージャーがバス停まで案内してくれます。

降りる場所は終点となるので降り過ごすことはないので安心。

料金は片道500シリング(約25円)だったと思います。

コーヒーファーム見学

終点で降りるとガイドをしてくれる方が待ってくれています。

そこから一緒に農場へ向かいます。

農場へ向かう道の途中でもガイドが色々と説明してくれます。

農場に着いてからは、豆が育ってコーヒーができるところまでを詳細に説明してくれます。

説明の合間に何度も「質問はある?」と聞いてくれて、質問すると何でも答えてくれます。

手作業で豆の皮を剥いたり、豆を焙煎したり、そして自分たちの焙煎した豆をいれて飲むところまで体験する事ができました。

コーヒーにそんなに興味のなかった私でも、充分に楽しむことができました!

ガイドもむちゃくちゃ良い人!

帰りはガイドがバス停まで送ってくれます。

そこからまたバスターミナルまで戻ります。

ホットスプリング

モシのバスターミナルから1時間半ほどのところにホットスプリングと呼ばれる場所があります。

入場料は5,000シリング(約250円)。

ここは綺麗な湧き水があり、入って遊ぶことができる。

でも、ホットスプリングと呼ばれるほど温かくありません。

しかし透明度が高くむちゃくちゃ綺麗です。

ホットスプリングへの行き方

ホッとスプリングへ行くには、まずボマンゴンベ(Boma Ng’ombe)という街へ行き、そこからタクシーかトゥクトゥクに乗ってホットスプリングまで向かいます。

もちろんモシからタクシーで行く方法もありますが、割高になってしまいます。

安く行く為にはモシのバスターミナルからミニバスに乗ってまずボマンゴンベまで。

Moshi Bus Standで「ボマンゴンベへ行きたい」と探せばすぐに見つかります。

怪しい奴もいたりしますので、乗客や色んな人に確認しながら行くといいです。

料金は1,000シリング(約50円)。

ボマンゴンベへは約40分ほどで到着。

私たちはこのミニバスでぼったくりに会いました。

ミニバスで移動途中に料金を集める人に支払いをしました。

大きなお金しかなかったのでそれで支払い、お釣りを待ったのですが一向にお釣りが返ってきません。

結局到着するまでお釣りは返ってこず。

お釣りを返してくれと言うと、「もう渡した」だの言ってきます。

散々揉めて返してきたお釣りの金額も少ない。

さらに揉めてなんとかお釣りの全額は返ってきました。

こういうの本当に疲れる。

ミニバスに乗る際は、小銭を用意しておくことをお忘れなく(笑)

そんなこともありつつ、ボマンゴンベでトゥクトゥクをひろいホットスプリングへ向かいました。

往復とホットスプリングでの待機料でトータル15,000シリング(約750円)でした。

トゥクトゥクのドライバーが良い人だったので、ドライバーの分の入場料も払ってあげて一緒に入りました。

結局このドライバーが1番楽しんでましたが(笑)

私たちが行った日はとても暑くて、水遊びはとても気持ち良かった。
ドクターフィッシュもいるので、角質を食べてくれます(笑)

帰りは行きと逆の経路をたどるだけです。

まとめ

コーヒーファーム見学ツアーの予約は「ユニオンカフェ(UNION CAFE)」というコーヒーショップで予約。

料金は26,500シリング(約1,325円)。

かなり楽しめました。

ホットスプリングは入場料5,000シリング(約250円)。

交通費は往復で17,000シリング(約850円)ほどでした。

1日で両方楽しめちゃいますのでおすすめです。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!