観光一覧

【ポルト】1日で充分観光できます。

タイトル通り、ポルトは1日で充分観光できます。というか、私的にはスルーしてしまってもいいくらいだと感じました(笑)ポルトに当てる時間をリスボンなどに当てたりしたほうがいいんじゃないかと。そんな感じのポルトの印象でしたが、1日でしかも徒歩で観光してきました。 小さい街なので1日で充分に観光できます。

【2時間待ち】カタコンブ・ドゥ・パリを観光

実はパリで密かに行ってみたかった所が「カタコンブ・ドゥ・パリ(Catacombes de Paris)」。欧米の人にはとても人気なのですが、日本人にはあまり人気がないようです。確かに行列の中は殆どが欧米の人で、日本人はいませんでした。そんなカタコンブ・ドゥ・パリへ並んで入ってきました。

【鑑賞無料・バンクシー8選】ロンドンでバンクシーアート巡り。イギリス。

イギリスを拠点とする匿名のストリートアーティストであるバンクシー。そのバンクシーのストリートアートをロンドンのストリートで観ることができる。ストリートアートなので鑑賞は無料だ。2019年6月時点で観ることができたバンクシー作品8選を場所と共にご紹介します。

【リバプール&マンチェスター】2日間で観光。マンチェスターは無料バスが運行。イギリス。

リバプールとマンチェスターを2日間で観光してきました。大きな目的でいうと、サッカーのマンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアムツアーへの参加と、ビートルズ博物館への訪問です。サッカーをやっていた私としては是非ともスタジアムツアーに参加したかった。

【ストーンヘンジ・日帰り】ロンドンから行き方と料金。イギリス。

年間約130万人もの人が訪れるというストーンヘンジ。私もイギリスに行ったなら必ず行きたかった場所です。そんなストーンヘンジへロンドンから日帰りで行ってきました。ストーンヘンジへの行き方はふたつ。自力で行くかツアーで行くか。

【イギリス・絶景】ロンドン日帰りでセブンシスターズへの行き方と料金

ロンドンから日帰りで行ける観光スポットとして人気な「セブンシスターズ」。セブン・シスターズは、イングランド南部にある白亜系チョークからなる海食崖である。緩やかな起伏の丘が削り取られて形成された白い崖が連なる様子からその名がある。一帯はサウス・ダウンズ国立公園に属し、景勝地として人気がある。

【アムステルダム】1日券で観光。チケットの買い方と料金。

おアムステルダムは1日だけの滞在だったので、地下鉄・トラム・バス・フェリーの交通機関で共通で使える1日券を買って観光しました。公共交通機関の1日券を購入して観光するという選択もありますが、アムステルダムの美術館や公共交通機関が無料になる観光パスカードを購入して観光するという選択もあります。美術館や博物館をがっつり周りたいという方は、観光パスカードの方がお得に観光できると思います。

【裏表ベルリン観光】1日券で観光。番外編で廃墟も。

ベルリンといえばベルリンの壁。そんなベルリンの壁を含む観光地を、交通機関の1日券で巡ります。番外編で裏ベルリン観光の廃墟にも行ってきました。2.1 ビジターセンター(Visitor center of the Berlin Wall Memorial) 2.2 ベルリンの壁ドキュメンテーションセンター 2.3 アンネ・フランク・ツェントルム(Anne Frank Zentrum) 2.4 イーストサイド・ギャラリー(East Side Gallery) 2.5 チェックポイントチャーリー 2.6 テロのトポグラフィー(Topography of Terror)

【バスタイ橋】プラハからドイツ・ドレスデン経由でバスタイ橋への行き方と料金。

チェコ・プラハからドイツ・ドレスデン(Dresden)へ移動し、バスタイ橋へ行きます。バスタイ橋は、ザクセンスイス国立公園(Saechsische Schweiz)という公園内の山の山頂に架かる橋です。岩山をつなぐその橋は、まるで天空に架かる橋のよう。昼過ぎにドレスデンに到着し、バスタイ橋へ行き、その夜にバスタイからベルリンへ向かいました。

【プラハ・ちょっと変わり種観光】セックスマシンミュージアムや奇妙なテレビ塔

プラハはチェコの首都で、歴史的な街並みが美しい場所。観光客もかなりたくさんいます。日本人の観光客もたくさん見かけました。そんなプラハでちょっと変わり種の観光をしてきました。ちょっと変わった観光がしたいなーって方は参考にしてみてください。