【ウィントフックからケープタウン】Bailey’sでの行き方・料金

シェア

2019年7月現在はイギリスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

ナミビアレンタカー10日間の旅も無事に終え、アフリカ最終目的地である南アフリカへ移動します。

本当はアフリカの西側も行きたかったんですが、モロッコはドローンが持ち込み禁止だしその他アフリカ西側の国はビザも取りにくい国も多いということで、今回は諦めました。

ですので南アフリカをアフリカの最終地点に。

ナミビアのウィントフックから南アフリカのケープタウンまではバスで移動します。

※1ナミビアドル=8円で計算
※1ランド=8円で計算

バス会社

ケープタウンへ行くバス会社は2つ。

・INTERCAPE(インターケープ)
・Bailey’s Reo Liner(ベイリーズレオライナー)

圧倒的に人気なのはINTERCAPE。

その理由は、
・オンライン購入が可能
・Bailey’sに比べてバスのクオリティが高い

ということがあげられます。

ちなみにINTERCAPEのオンライン購入はこちらから。

しかし私たちはBailey’sに乗りました。

なぜなら、INTERCAPEが満席だったから(笑)

前日にオンライン購入しようとしたんですが1席しか空いていなくて、その1席も間もなく売れて満席になってしまいました。

ご購入はお早めに(笑)

ネット情報でもあまりいい情報がなかったBailey’s。
でも実際に乗ってみるとそんな悪くもなかったですよ。
というか、いたって普通のバスといった感じでしたね。

ただBailey’sの方が約1,000円ほど安いんですよね。

そんなこんなの約22時間の旅をご紹介。

ウィントフック〜ケープタウン

ウィントフックからケープタウンまでは約1480km。
Googleマップでは所要時間が14時間ほどででていますが、実際には約22時間かかりました。

チケット購入場所

【4月25日】
出発前日。
オンラインでは購入できないので、オフィスへ直接チケットを購入しに行きます。

Bailey’s reo Liner

オフィスまではタクシーで行きました。
往復で500円くらいだったと思います。

料金

650ナミビアドル(約5,200円)。
※クレジットカード決済可能

出発時間

16:00出発
と書かれているけど実際は17:00出発

乗車場所

乗車場所はBaily’sのオフィス前か、ケンタッキー(KFC)前から。
オフィスは遠いのでケンタッキー前から乗ります。

正確には、ケンタッキー隣のアウディの前辺りの大通りにバスが停まります。

日本人に人気のCameleon Backpackersからは徒歩数分で行けます。

ウィントフック出発

15:30にバス到着。

16:00出発と聞いていたのに、結局出発したのは17:10。

現地の人が17:00付近に続々と乗ってきたので、恐らく元から17:00出発なのでしょう。

乗車率はほぼ100%。

結構空いていて横になれるかと思ったんですが、夢叶わず、、、。

とりあえず出発です。

車内の様子

2列×3列シート。

いたって普通のバスです。

背もたれは少し倒れます。

空調あり。

Wi-FiやUSBポートは無し。

私たちは3列シートを2人で使用していたので、ゆったり過ごすことができました。

出入国

出発から約11時間後。
4:00 国境に到着。

ナミビア出国も南アフリカ入国もどちらの手続きも難なく終了しました。

南アフリカは90日以内の滞在ならビザは不要です。

出国から入国まで約30分ほどで終了。

ケープタウン到着

出発からちょうど22時間後。
15:00 ケープタウンに到着。

Long Distance Buses Terminal. Cape Town

車内のおばちゃんが永遠と喋り続けてて、かなりうるさかった(笑)
このこと以外は、何ら問題なくケープタウンまで移動することができました。

泊まった宿

ケープタウン駅から徒歩10分。

NOMAD Boutique Guesthouse

ドミトリー1泊130ランド(約1,040円)。

【部屋】
簡易的な3段ベッドがふたつのドミトリー。

1番上の段はかなり高い。

6番の部屋はバルコニーへの通路となっているのでかなりうるさいので注意。

【電源コンセント】
3段ベッド1つに対して1つあり。

【Wi-Fi】
動画もサクサク観れるくらい強め。

【水回り】
キッチンはあるがめちゃ狭い。
トイレ、シャワーも綺麗。
シャワーが1つしかないのが難点。

【周辺環境】
近くにスーパーマーケットもあり。
かなり都会。

駅にも徒歩10分ほどで行けます。

まとめ

ウィントフックからケープタウンへのバスはネット予約ができるINTERCAPE(インターケープ)がオススメ。

Bailey’s Reo Liner(ベイリーズレオライナー)のほうが値段は安いですが、チケットを遠いオフィスまでタクシーに乗って買いに行かないと行けないのでしんどいです。

断然INTERCAPEが人気でチケットも早く予約しないと完売になってしまうので、前もって早めに予約しておきましょう。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは笑顔の旅を!