【モロンダバ】バオバブ街道への行き方。アンタナナリボからモロンダバ。マダガスカル。

シェア

2019年7月現在はイギリスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!


バオバブ街道へ行く為の拠点となるモロンダバへ行きます。

モロンダバへはタクシーブルースで行くことができます。

タクシーブルースとは、ミニバスの乗り合いのタクシーです。

おすすめのタクシーブルースの会社や所要時間などをご紹介します。

※100アリアリ=3.3円で計算

Cotisse Transport(コティス トランスポート)

おすすめのタクシーブルースの会社は「Cotisse Transport」。

公式ホームページ。



【おすすめポイント】
・車内は窮屈感なく座れる
・車内は清潔
・定刻通りに出発

座席は助手席の位置が1番ゆったりと座れます。

アンタナナリボのCotisseオフィスにはカフェがあります。

車種は全てベンツ。

バックパックなどの大きな荷物はミニバスの上に乗せます。

ちゃんとカバーをかぶせてしっかり固定しますので、雨に濡れたり砂埃で汚れたりする心配はありません。

しかし道はあまり良くなく凹凸もありますので、揺れで壊れそうなものは車内に持ち込むことをおすすめします。

チケット購入

前日にコティスのオフィスへ買いに行きました。

ネット予約もできるようですね。
言語に英語が選択できないませんが。

予約はなるべく早くにとっておいたほうがいいです。

私たちは前日の夕方にオフィスへ購入しに行きましたが、座席はほぼ埋まっていました。

しかしギリギリなんとか購入できました。

【アンタナナリボ〜モロンダバ】
所用時間:6:30発 – 20:30着予定(約14時間)
料金:45,000アリアリ( 約1,485円)

バス自体の乗り心地は特に悪くはありませんが、なんせ道が悪いのと運転がとにかく荒いです。

これが14時間なのでかなりしんどいです(笑)

到着場所はモロンダバのコティスのオフィスです。

モロンダバで泊まったホテル

Manabe Hotel(メナベホテル)

【料金】
シングルルーム 24,500アリアリ(約743円)
ダブルルーム 45,000アリアリ(約1485円)

【部屋】
あまり清潔ではないです。
私の部屋ではゴキブリが出ましたね。

エアコンはありませんが天井ファンが付いていました。

【水回り】
シャワーは水のみ。
トイレはまあまあです。

【周辺環境】
ATMや飲食店もチラホラあります。
しかしモロンダバの街自体が何もありません。

ホテルには500アリアリ(約17円)でアイスが売っています。
これが結構美味しいです。

モロンダバ〜バオバブ街道

サンセットのバオバブ街道を鑑賞するために、16:00頃にトゥクトゥクで向かいました。

片道の料金は20,000アリアリ(約660円)。

帰りはバオバブ街道からまたトゥクトゥクをつかまえて帰れば大丈夫か、と思ってとりあえず片道だけ行きました。

しかし、これが大きな間違いでした。

これについては後述します。

バオバブ街道

バオバブ街道のバオバブは想像以上に大きくて、とてつもない存在感がありました。

幹がつるつるしていて、太く大きくそびえ立つバオバブの木はとても力強く、神秘的でもありました。

サンセットもとてもキレイでした。

バオバブ街道〜モロンダバ

辺りも暗くなりトゥクトゥクで帰ろうとしましたが、もうトゥクトゥクも車も通る気配はありません。

帰る手段を失ってしまいました。

帰る方法としては、大通りまで歩いてそこからトゥクトゥクやらタクシーをつかまえるしかありませんでした。

とりあえず大通りまで歩いていくことに。

大通りまで8kmの道のりを歩いていくことに。

もう辺りは真っ暗で何も見えないところをひたすら歩いていきます。

3kmくらいあるいた時に、1台の自転車タクシーが通りました。

その自転車タクシーはもう仕事終わりだったのですが、なんとか頼んで大通りまで乗せてもらいました。

料金は20,000アリアリ(約660円)。

なんとか大通りまでたどり着き、トゥクトゥクかタクシーが通るのを待ちます。

が、見事に1台のトゥクトゥクもタクシーも、普通の車すらも通りません。

人はチラホラいたので、変える手段はないか聞いてもやっぱり無いとのこと。

最終的にたくさんの人が集まりだして、結果近くに住んでいる人の車を出してくれることになりました。

料金は70,000アリアリ(約2,310円)。

ようやくモロンダバへ帰ることができました。

こんなことにならないように、トゥクトゥクにバオバブ街道でしばらく待機してもらって往復で頼んだ方がいいです。

まとめ

アンタナナリボからモロンダバまでのコティス チケットは早めに買いましょう。

コティス は人気なので満席になってしまいます。

【アンタナナリボ〜モロンダバ】
所用時間:6:30発 – 20:30着予定(約14時間)
料金:45,000アリアリ( 約1,485円)

モロンダバからバオバブ街道へはトゥクトゥクで、片道ではなく必ず往復で頼みましょう。

バオバブ街道からモロンダバまで帰ってくる手段が無くなってしまいますので。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!