【インド】バンガロールからハンピへ夜行バスでの行き方

シェア

バンガロールからハンピヘ夜行バスで移動します。

ハンピは簡単に言うと、岩と遺跡の村。
今回行ったインドの旅の中では、私の1番好きな場所です。

着いた瞬間から、想像以上の光景に圧倒されます。

かなりオススメの場所です。

ハンピ行き夜行バス

【2018/10/15】
17:00 バスチケットを買いに、地下鉄のケンペゴウダ(Kempegowda)駅のすぐそば、マジェスティックと呼ばれるバスターミナルへ。

夜行バスのチケット購入場所

ケンペゴウダバスターミナル2です。
1ではなく2です。

陸橋から見えるバスターミナルは1です。
間違えないようにしましょう。
※画像はターミナル1で、乗り場はココになります

バスターミナル2の「KSRTC Reservation Office」という所でチケットを購入します。

表の様子。

2番窓口で購入します。

KSRTCの公式ホームページから空席確認等ができますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

17日の23:31出発の夜行バスを予約しようとしたら満席
え?この日だけ満席。
16日も18日も空席あるのに。
窓口で確認しても、やっぱり満席。

仕方がないので18日にした。

17:20 再度窓口へ。
30分並んでようやく予約完了。
かと思いきや、用紙に記入してまた提出してくれと言われて、用紙を渡された。
先に言ってよ〜。
最初に並んだ時に用紙くれたらよかったのに。

バスも予約用紙が必要なのだとこの時初めて知りました。
記入してまた並ぶ。

40分並んで、やっと買えました。
インドでのチケット購入は、鉄道もバスも時間がかかるなぁ。


23:31発
930ルピー(約1488円)。

夜行バス乗り場

乗り場はケンペゴウダバスターミナル1です。

【2018/10/18】
15番の乗り場から乗ります。
マップのピンはKSRTCのチケットセンターになっていますが、ピンのところが15番の乗り場付近です。

23:20 バスが到着。

バスにハンピとの表示が書いてないのでわからない。
ドライバーに聞いて確認。
ハンピ行きということで、チケットを見せてバスに乗り込みます。

23:31 予定時刻ちょうどに出発。


出発してすぐに寝たが、一番後ろの上のシートだったからか、左右上下の揺れが凄くて何回も起きた(笑)
道も悪いし運転も荒い(笑)

途中何回か止まっていたのを記憶している。
そのうち一回は休憩?で少しだけ長く止まっていたと思う。

7:40 ハンピに到着。

泊まったホステル

ハンピでは2つの宿に泊まりました。

1泊目は「Netra Guest House」

2泊目は「Ravi Guest House」

なぜ宿を変えたかというと、1泊目の値段が高かったから。
私が宿泊した時は、
Netra Guest Houseは14ドルで、
Ravi Guest Houseは8ドルでした。

直前まで予約しておらず、その間に中心部のホステルが全て満室になってしまい、10月19日はNetra Guest Houseしか空室が無かったのでそこにせざるを得ませんでした。

翌日の20日は値段の安いRavi Guest Houseの空室があったので移動しました。

しかし、この移動でトラブルが発生してしまいました。

トラブル

21日にはムンバイへ移動しようとしていたので、Ravi Guest HouseはBooking.comで20日の1泊だけ予約しました。

しかし旅行会社へ行ってみると、21日は日曜日で平日より夜行バスが1,000円ほど高かったのです。

それならさらにもう1泊して月曜にムンバイへ行ったほうがハンピをより満喫できるかなと思ったので、Ravi Guest Houseへ直接行き「1泊だけBooking.comで予約してあるんだけど、もう1泊追加したい」と伝えました。
受付のスタッフが「OK、問題ないよ」と言ったので1泊追加しました。

翌日Ravi Guest Houseへ受付へ行くと、昨日のスタッフがなぜかオーナーを呼びに行きました。
そしてオーナーが出てきて「今日も明日も満室だから泊まれない」と言い出したのです。

全く意味がわかりません。
「昨日、彼(受付のスタッフ)は問題ないと言ったよ」と言ってもオーナーが「私がオーナーだから。今日も明日も満室だから無理。」との一点張り。

ここで激しい口論になってしまいました。

結局Booking.comで予約した1泊分は泊まれることになりましたが、翌日は泊まれず。
まあここまできたら泊まれてたとしても泊まらなかったですが。

もう気分は最悪です。

インド人との口約束は絶対にしてはいけないと学びました。
予約していてもこうなるのですから。

※ちなみに、この後行くムンバイの初日もBooking.comで予約してたのに、行ったら満室と言われ結局泊まれないという事態が起きました。
立て続けにこのようなことが起こるとは、さすがインドとしか言いようがありません(笑)

3泊目はハンピから南西へ行ったホスペットというところに泊まりました。

ムンバイ行きのやゴア行きのバスはホスペットからしか出ていないので、必ずホスペットに行かなくてはいけません。

Netra Guest House


【部屋】
ダブルベッドのシングルルーム。
部屋は狭いです
ファンは付いていますが、網戸は破れていて蚊が入りたい放題。

【料金】
1泊14ドル
(時期等によって値段が変わります)

【シャワー】
汚いしお湯は出ません。

【トイレ】
汚くて暗いです。

【Wi-Fi】
部屋にいると繋がりません。
共用スペースでは繋がりますが、弱いです。
というか、ハンピはどこも弱いです。

正直、このクオリティで14ドルは高いです。

Ravi Guest House


【部屋】
ダブルベッドのシングルルーム。
Netra Guest Houseより部屋は広いです。
ファン付きで清潔でした。

【料金】
1泊8ドル
(時期等によって値段は変わります)

【シャワー】
汚いですがまだマシなレベル。
お湯は出ません。

【トイレ】
汚くて、巨大なアリが大量にいました。

【Wi-Fi】
ほぼ使えません。
かなり弱いです。

部屋は問題なかったのですが、オーナーやスタッフが問題アリでした。

まとめ

購入場所はケンペゴウダバスターミナル2(Kempegowda Bus Terminal2)。
乗り場はバスターミナル1(Kempegowda Bus Terminal1)。

購入場所と乗り場が少し違いますので気をつけましょう。

バスも予約用紙の記入が必要です。
用紙はカウンターでもらえます。

予約は日程に余裕を持ってしましょう。

そして、インドの人と口約束はしないでおきましょう。
トラブルのもとですので(笑)

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!