【アムステルダム】1日券で観光。チケットの買い方と料金。

シェア

2019年8月現在はイギリスです。

【これまでに行った国】
タイ・カンボジア・ベトナム・スリランカ・インド・ウズベキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・ギリシャ・エジプト・エチオピア・マダガスカル・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ・ブルガリア・ルーマニア・モルドバ・ウクライナ・ポーランド・オーストリア・チェコ・ドイツ・オランダ・イギリス・ベルギー・スペイン・アンドラ公国・モナコ公国・フランス

リアルタイム情報などはTwitterでつぶやいてます。
Twitterアカウント→@smilect0111

質問などあればどうぞお気軽にTwitterでメッセージください!

アムステルダムは1日だけの滞在だったので、地下鉄・トラム・バス・フェリーの交通機関で共通で使える1日券を買って観光しました。

公共交通機関の1日券を購入して観光するという選択もありますが、アムステルダムの美術館や公共交通機関が無料になる観光パスカードを購入して観光するという選択もあります。

美術館や博物館をがっつり周りたいという方は、観光パスカードの方がお得に観光できると思います。

観光パスカードについても記載しています。

※1ユーロ=123円で計算

チケット購入

アムステルダム市内での交通機関(地下鉄・トラム・フェリー・バス)を運営するのが、GVBと呼ばれるアムステルダム市営交通会社(Gemeentevervoerbedrijf)。

今回はGVBの1日券を購入して観光してきました。

自動販売機でチケット購入

チケットは地下鉄の駅の自動販売機や窓口で購入する事ができます。

画面下に言語の選択表示が出ています。
こちらで言語を選択。

【手順】
「Bua a GVB pape chip card」

「GVB 24 hrs / 1 day」
※1〜7日間までのチケットを購入可能

「1 Ticket」
※1度に5枚まで同時購入可能

「Cash(現金)・PIN card・Credit card(クレジットカード)」のいずれかを選択。

支払い

【料金】
24 hrs / 1 day(24時間):8ユーロ(約984円)
48 hrs / 2 day(48時間):13.5ユーロ(約1,661円)
72 hrs / 3 day(72時間):19ユーロ(約2,337円)
96 hrs / 4 day(96時間):24.5ユーロ(約3,014円)
120 hrs / 5 day(120時間):29.5ユーロ(約3,629円)
144 hrs / 6 day(144時間):33.5ユーロ(約4,121円)
168 hrs / 7 day(168時間):36.5ユーロ(約4,490円)

観光パスカード

アムステルダムにはたくさんの美術館や博物館があります。
それらが入場無料になる観光パスカードがあります。

観光パスは3種類。

⚫︎アイ アムステルダム シティカード(I amsterdam City Card)
⚫︎オランダパス(Holland Pass)
⚫︎オダンダ・ミュージアムカード(Museumkaart)

値段は安いもので40ユーロ(約4,920円)から。

観光パスカードの内容や購入方法などを詳細に書いて頂いているブログがありましたので、こちらを参考にしていただけるといいと思います。↓↓

私は行きたいところは少なかったので購入はしませんでした。

アムステルダム観光

ヨハン・クライフ・アレナ(Johan Cruijff ArenA)


アヤックスのホームスタジアム。

2016年に死去した伝説的な名選手、ヨハン・クライフの名前がそのままスタジアムの名前となっている。

いかにこの選手が偉大だったのかがわかる。

スタジアムツアーに参加しようとしたのだけれど、私が行った時期はシーズンオフということもあり、スタジアムツアーはやっていなかった。

スタジアムツアーの予約は公式webサイトからできます。

【スタジアムツアー】
⚫︎料金
大人:15.5ユーロ(約1,415円)
子供(5〜12歳):10.5ユーロ(約1,292円)
子供(1〜4歳):無料

⚫︎所要時間
約75分間

⚫︎内容
・VR体験
・更衣室
・プレスルーム
・選手の入場トンネル
・ピッチ
・アヤックスギャラリー
など

【VIPツアー】
⚫︎料金
大人:40ユーロ(約4,920円)
子供(5〜12歳):25ユーロ(約3,075円)
子供(1〜4歳):無料

⚫︎所要時間
約120分間

⚫︎内容
ヨハン・クライフ・アレナスカーフを受け取り、スタジアムの見どころや役員室などの高級エリアをすべて見ることができる。
ツアーの最後にはスカイボックスにて、無料の冷たい飲み物とピッチの景色を楽しめる。

Moco Museum


チケットは現地窓口でも買えますが、オンラインでチケット購入した方が1ユーロお得です。

【入館料】
大人:14ユーロ(約1,722円)
学生:11.5ユーロ(約1,415円)
子供(16〜17歳):11.5ユーロ(約1,415円)
子供(10〜15歳):8.5ユーロ(約1,046円)
子供(0〜9歳):無料

オーディオガイド:2.5ユーロ(約308円)
※ガイドはオランダ語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語

【営業時間】
日曜〜木曜:9:00〜20:00
金曜・土曜:9:00〜21:00

バンクシーの作品がたくさん展示してあって最高です。

グッズを売っているショップもあります。


飾り窓(Red Light)

オランダといえば、
・ドラッグ
・売春
・安楽死
合法で認められています。

道端にはマリファナを販売するお店も普通にあります。

売春でいうと飾り窓(Red Light)が有名。

なぜRed Lightと呼ばれるかというと、売春宿が赤いライトで照らされているから。

この飾り窓を外側から見学してきました。

※この飾り窓は写真や動画撮影は禁止されているので、働くお姉さん達にカメラを向けたりしないようにしましょう。

飾り窓がある地区はこちら↓↓

飾り窓は1箇所にズラーッと並んでいるわけではなく、所々に数件並んでいるという感じ。

細い路地に入ると店が向かい合って20件近く並んでいるところもある。

売春宿の中には際どいラインの下着をつけた女性が窓際に立っている。

メガネが流行っているのかな?
半数以上お姉さんがメガネをかけていた。

1人だけアジア系の人も見かけた。

これは完全に好みによるものだけど、私的にはお相手してもらいたいなと思うお姉さんはほとんどいなかったですね。

この飾り窓地区は完全に観光地化されており、見学ツアーなんかも開催されている。

しかしこの見学ツアーも2020年1月から禁止されるとのこと。

詳しく飾り窓について知りたい方は、「Red Light Secrets」という飾り窓博物館もありますので、そちらへ行ってみてはいかがでしょうか。

Red Light Secrets(売春博物館)


【入館料】
10:00〜13:00までの入館:10ユーロ(約1,230円)
13:00以降の入館:12.5ユーロ(約1,538円)

オンラインでチケット購入可能

【営業時間】
年中無休:10:00〜24:00
※12月25日と12月31日は10:00〜17:00

まとめ

アムステルダムを観光するには、
⚫︎公共交通機関の1日券を購入して観光する
⚫︎アムステルダムの美術館や公共交通機関が無料になる観光パスカードを購入して観光する

という選択肢があります。

美術館や博物館をがっつり周りたいという方は、後者の方がお得に観光できると思います。

私は観光パスカードは買わずに公共交通機関の1日券で観光しました。

観光した中でもMoco Museumはおすすめですね。

参考になれば幸いです。

坂江基生
それでは、笑顔の旅を!